相手に気を使いすぎてしまい、恋人同士のはずなのに、なぜかデートがぎこちない感じに……。

こんな悩みを抱えているカップルも少なくないでしょう。

そこで今回は、奥手でも距離を縮められるデートのコツを3つご紹介します。

気遣いすぎを避ける!デートで彼との距離を縮めるコツ3つ

ドキドキできるデートスポット

デートの成功を左右するポイントのひとつに、「行き先選び」がありますよね。

彼との距離を縮め、好意を持ってもらえるデートスポットとしては、一緒にドキドキできる場所がおすすめ。

テーマパークのアトラクションのように、緊張したり、怖がったり、びっくりしたり。

非日常を共有することで、そのドキドキを相手への好意と錯覚する、「吊り橋効果」が期待できるでしょう。

刺激的な体験をした後に、一緒にベンチでゆっくり話すのもいいかもしれませんね。

呼び方をフレンドリーに

デート中も普段と変わらず苗字呼びでは、関係を発展させるどころか、距離を縮めることも難しいでしょう。

せっかく2人きりのデートなら、下の名前や愛称で呼び合ってみましょう。

いままで敬語を使うことが多かったなら、この機会にタメ口を増やしていくのも、親密に感じられて◎。

自分のパーソナルな情報を話せば、より心理的に近い関係になれるはずですよ。

完璧なデートを目指さない

気になる男性とのせっかくのデートとなれば、「成功させたい」という強い思いから気合を入れて臨む女性が多いでしょう。

しかし、彼に好かれようとするあまり、気合を入れすぎたファッションや、考えすぎた会話で空回りしてしまうことも。

デートで距離を縮めるためには、多少の失敗を恐れず、気張りすぎないのがポイントですよ。

むしろ、ちょっとしたアクシデントも楽しめた方が、思い出に残るのではないでしょうか。

気を抜いたほうがお互いリラックスして素を見せられるし、お茶目な部分を見せた方が親近感を抱いてもらえるものですよ。

一緒に過ごす時間を楽しんで

一度のデートで濃密な時間を過ごせるなら、彼と会う回数は少なくてもいいのかもしれません。

しかし、あまりに詰め込んだデートはハードルも高いので、肩の力を抜いて楽しめるデートを重ねて、距離を縮めたいものです。

取り入れられるポイントから少しずつ実践し、彼と一緒の時間を楽しみましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)