1度LINEが途切れてしまった相手とまたLINEしたいとき、あなたはなんて送りますか?

とくに相手が好きな人な場合、内容とかテンションとか悩みますよね。

そこで今回は、意中の彼への「久しぶりLINE」のコツをご紹介します。

勇気を出して、自分からLINEを送っちゃいましょう!

恋が始まるきっかけに♡意中の彼への「久しぶりLINE」のコツ

軽く自己紹介する

「LINEの履歴が残ってないと、相手が誰だか思い出せないときが結構あるんですよね。

でも今更聞くのも失礼だから、分からないまま適当に終わらせちゃうことが多いです」(25歳男性/アパレル)

自分からのLINEで「この前は楽しかったですね」など、無難な内容を送る女性は要注意かも。

もしかしたら、彼は「この子誰だっけ?」とよく分かっていない可能性もあるからです。

そんなときは「前の席に座っていて、○○の話をした人です」など、彼が思い出しやすい話題をサラッと入れるのがオススメ。

彼に覚えてもらえていなくても、これから仲を深めていけばいいので安心してくださいね。

彼が答えやすい質問をする

「自分の得意分野について、『○○について聞きたいんですけど』っていうLINEが来ると、なんかうれしいですよね。

この前は新しいパソコンを買いたいって言われて、一緒に買いに行ってデータ移行まで全部してあげました」(29歳男性/SE)

彼にあまり脈を感じなければ、いきなり恋愛っぽい話題を出すより、彼の得意分野について質問するのが効果的です。

男性のなかには、頼られるのが好きな人も多くいます。

質問をすることでやり取りが自然に始まりますし、2人きりで会う約束もしやすくなるかもしれません。

信頼関係が生まれて、仲が深まるチャンスです。

自分から遊びに誘う

「男からLINEで連絡しないってことは、ぶっちゃけそこまで興味がないってことだと思う。

でも興味がない相手でも、誘われたら面白そうだし行くかな」(28歳男性/広告)

デートの誘いって、プランを考えたりお店を予約したりと、手間がかかりがち。

そのため、ハードルが高くなり気軽に誘えない、と考える男性も多くいます。

でも、女性からデートに誘って、具体的な行先まで伝えてくれたら、そのハードルがグッと下がるのだとか。

よほどお金のかかるデートなどではなければ、誘いに乗ってくれる確率は高いでしょう。

自分からきっかけ作り!

「彼からLINEが来ない……」と落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、これから仲を深めれていけばなんの問題もありません。

ぜひ、自分からLINEを送ってきっかけを作ってみてくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)