誰しも結婚する相手について、自分なりの理想像を持っていることでしょう。

これからの人生を共にするパートナーともなれば、厳しい条件で慎重に選びたくもなりますよね。

今回は、男性の星座別に、結婚相手に選ぶ女性の特徴を占いました。

まずは前編として、おひつじ座からおとめ座までご紹介します。

【前編】男性の星座で占う!人生のパートナーに選ぶ女性の特徴

おひつじ座(3月21日~4月19日)

おひつじ座の男性は、12星座の中でも1位、2位を争うほどに男らしいところがあるみたい。

「女性は結婚したら家庭に入るべき」とまでは言わなくても、基本的には家事を任せたいと感じるのかもしれません。

そのため、仕事を生活の中心に据えるキャリア志向の女性よりも、家庭的な女性の方が結婚相手に選ばれやすいでしょう。

また、仕事や趣味に自分なりの考え方を持っているのもおひつじ座の男性の特徴。

家にいても仕事をしたり、趣味に没頭したかったりするときは、女性に温かく見守ってくれることを望むようです。

おうし座(4月20日~5月20日)

しっかり者に見えても、意外に甘えん坊な一面があるおうし座の男性。

家の外では夫を立ててくれるけれど、2人だけのときはしっかり甘えさせてくれる女性を理想としているのかも。

人前では一歩引いたスタンスを取って、しかし家庭内の主導権はがっちり握るというタイプが、結婚相手に選ばれやすそうです。

食事や洋服について、独自のこだわりを持っていることもあるので、自分の好みに理解を示していける女性となら、いい夫婦関係を築けると思っているのでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日)

ふたご座の男性は、基本的にさっぱりした人間関係を好むタイプで、夫婦といっても友達のような適度な距離感を求めるよう。

お互い無関心ではないけれど依存もしないのが理想で、自分がいなくても充実した時間を過ごせる女性と結婚したいと思うはず。

夫が飲み会や友達付き合いで家を空けるときは、妻にも女子会やショッピングでひとりの時間を楽しんでほしいと考えるのでしょう。

かに座(6月22日~7月22日)

家族に深い愛情を注ぐかに座の男性は、親しい相手だからこそ、厳しい本音が出てくる場合もありそう。

品行方正な妻が理想的で、家庭を重視できる女性を求めることが多いかもしれません。

自分と同じ感覚で、家族を一番に思ってくれる人がいいのでしょう。

そのため、優しく子ども好きで、家事に積極的な女性には、かに座の男性はよく尽くしてくれ、周りがうらやむ幸せな家庭を築いてくれるかも。

しし座(7月23日~8月22日)

しし座の男性は、亭主関白な気質が強く、それでいて子どもっぽい一面も強く残っているみたい。

家庭を女性に守ってほしいと考えることが多く、また適度な自由を好むので、自己主張は控えめなしっかり者の女性に弱いのかもしれません。

あからさまに夫を束縛・管理する女性は息苦しく、かといって何でも自由にさせる放置妻も不安に感じるようです。

また、家庭に入り、母となってからも女性らしさを失わないような、外見に気を使える女性を妻にしたいと思う可能性が高いでしょう。

おとめ座(8月23日~9月22日)

外見や内面の魅力以上に、自分のこだわりを優先しがちなおとめ座の男性。

そんな男性が好むのは、貞操観念がしっかりしていて、見た目やふるまいに清潔感があり、常識を守れるタイプの女性のよう。

たとえば、「タバコを吸う女性はNG」と思っていたら、外見や内面が好みでも「結婚相手としてはナシ」と判断する可能性も十分にあります。

そのため、おとめ座の男性が妻に選びやすいのは、常識的で真面目なタイプの女性なのでしょう。

理想のパートナー像を知って

自分の一生の左右する決断と思ったら、結婚相手を選ぶのに慎重になる気持ちも分かりますよね。

結婚してからお互いがどのように関わっていくかも、幸せな夫婦生活の重要なポイントではありますが、気になる男性の候補に入るためには、彼の好みを知っておくことは必要でしょう。

男性が思い描く理想像を知って、効果的にアプローチしていきたいものですね。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座で占う!人生のパートナーに選ぶ女性の特徴