何度もデートをしているのに、なかなか告白されそうにないと、2人の関係について不安を抱えることもあるのではないでしょうか。

本人に直接「私のことどう思ってる?」と聞くわけにもいかず、さらに頭を悩ませてしまうかもしれません。

今回は、デート後のLINEから、脈ありかどうかを判断するポイントをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

デート後のLINEから【脈あり】or【脈なし】を判断するポイント

送信時間は気にしなくてOK

デート後のLINEは、早く来れば早く来るほど脈あり、来ないと脈なし……と考えてしまう人もいるはず。

しかし実際には、「解散後すぐに送ったら『必死すぎ』と思われそう」という男性もいれば、「電車で送れば家に帰る頃にはやりとりが終わって、自分の時間に入れるでしょ」という男性も。

人によってLINEや相手の女性への考え方はさまざまなので、お礼LINEの送信時間にはそれほど深い意味がないと思ってもいいのかもしれませんね。

強いていうなら、こちらから送っても既読すらつかないようなら、脈なしの可能性が高いということくらいでしょうか。

相手からLINEが来る

自分からお礼LINEを送らなくても、先に相手からLINEがある場合は脈ありだと思ってもいいかもしれません。

「楽しかったデートのあとは帰りの電車でもLINEしてて、家に着いたのを確認するまで続ける」という男性も多いのだとか。

そんなやりとりのなかで、デートの思い出話が含まれていれば、さらに好意は強いといえそう。

しかし、解散後すぐ彼からLINEが来ても、「今日はありがとう」だけなど事務的な場合は、礼儀正しくいたいだけで、好意はそれほどないこともあるようですよ。

全体の流れや彼のメッセージから、総合的に判断できるといですね。

メッセージの内容が濃い

彼からLINEが来る前に自分からお礼LINEを送る人もいるでしょう。

それが必ずしも脈なしに直結するとはかぎりません。

「今日はありがとう」などのお礼や「次は○○に行きたいね」など次のデートへ続ける会話があれば、たとえこちらが先にLINEをした場合でも脈あり度が高いといえそうです。

具体的なエピソードが盛り込まれていたり、彼のストレートな気持ちが書いてあったりするなら、返信ペースが遅くても気にしなくていいかもしれません。

デートがいい感じだったから、適当なLINEを送って嫌われたくない……と考える男性も。

返信ペースよりも、その中身に注目してみてはいかがでしょうか。

デート後のLINEは超重要!

デート後のLINEは、今後の2人の関係を左右するものでもあります。

その日のデートのエンドロールであり、答え合わせでもあるかもしれません。

彼からのLINEを待つばかりでなく、あなたもしっかり思いを伝えるのを忘れないようにしてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)