付き合いが長くなると、彼の家は「2人」にとって最もくつろげる場所といっても過言ではないでしょう。

とはいえ、あくまでも彼のテリトリーであることには変わりありません。

いつまでも彼に対する礼儀を忘れなければ、「絶対に手放したくない」と思ってもらえるはず。

そこで今回は「お家デートで好印象な彼女の言動」をご紹介します。

お家デートで「この子しかいない!」と思う彼女の言動3選

「おじゃまします」と言って家に入る

「今の彼女は、もうほぼ毎週家に来てるけど、必ず『おじゃまします』って言って家に上がるんですよ。ちゃんとしてるなって思います」(25歳男性/営業)

まさに「親しき仲にも礼儀あり」を感じられるのが、このケース。

いくら彼の家に慣れているからといって、自分の家のように上がり込むのは嫌がられるはず。

あくまでも礼儀を忘れないようにしましょう。

家のものを使う前に声をかける

「もう何年もうちに来てるけど『キッチン使うよ!』『お風呂入っていい?』と声かけてくれるんですよね。いつもは当たり前になってるけど、改めて考えたらすごいと思う」(32歳男性/商社)

多くの男性は、恋人が許可なくキッチンやお風呂を使っていても、基本的には怒らないでしょう。

それでもやはり、なんでもかんでも自由にされたらいい気はしないはず。

どれだけ慣れても、声をかけるかどうかで、与える印象は大きく変わりますよ。

差し入れを買っていく

「家に来るときはコンビニのお菓子とか飲み物とか、いつもなにか持ってきてくれます。

『別にいいよ』って言うけど、『でも泊めてもらうのに悪いから』『私が一緒に食べたかったから!』と言ってくれるんですよ。本当にいい子だなって毎回思いますね」(30歳男性/IT)

この気遣いをされて嫌な人はいないはず。

食べもの以外にも、ティッシュなどの日用品も喜ばれるでしょう。

彼への感謝も添えて渡すと、なお好印象ですよ。

さりげない気遣いが大切!

彼の家に行ったからといって、毎回張り切って料理や掃除をする必要はないでしょう。

家事をしに来ていると思われて、2人の特別感が薄れるかもしれません。

あくまでお客さんとして、ちょっとした気遣いを継続するようにしましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)