せっかく付き合えた相手と結婚まで行きたいと思う女性もいると思います。

しかし、世の中にはあなたが幸せになるためには、恋愛対象から外すべき男性も存在します。

そこで今回は、彼氏にしたら確実に不幸になる男性の特徴を3つご紹介します。

いますぐ離れて!付き合ったら女性を確実に不幸にする男性の3つの特徴

店員に横柄な態度

一緒に食事や買い物に行ったときに、店員に対して上から目線だったり、タメ口や命令口調でものを言ったりと、横柄な態度をとる男性。

思わず他人のふりをしたくなるような、恥ずかしいふるまいをする彼らですが、その態度が彼女に向かないとは限りません。

むしろ、時間とともに同じような対応になっていく傾向が強いので、横暴なふるまいを見たら、その段階で距離を空けるようにしましょう。

職業や資格にこだわる

既婚未婚や子どもの有無にかかわらず、社会で働く女性が当たり前となった現代。

しかし、女性に「正社員なの?」「看護師みたいな、一生安定して働けて食いっぱぐれのない資格とか持ってるの?」など、仕事や雇用形態について集中的に質問してくる男性には要注意。

彼らは、あなた自身に興味があるからでも、あなたの仕事に理解を示したいわけでもなく、共働きで家計を支えてくれる女性を探しているだけの可能性があります。

自分の収入が当てにされているように感じたら、まずは距離を取っておきましょう。

このタイプの男性が、女性に安定した収入や資格を求める一方で、出産後に育児や家事を担ってくれる可能性は低く、女性に多大な負担を強いることがあります。

女性について決めつけばかり

「女は全員、子ども好きでお母さんになりたい生き物だ。子どもが欲しくない女はおかしい」「恋愛や結婚は、子孫を残すためにするものだ」など、女性について決めつけばかりの男性はいませんか?

外面を整えているため、合コンやお見合いパーティーでの初対面では分からないけれど、関係が深まると「女はこうに決まっている!」という決めつけが表れる。

だからこそ、相手のことが分かるまでは安易に付き合おうと考えず、多少時間をかけて判断することをおすすめします。

もしも相手がこのタイプの男性だと判明し、あなたから「お断り」すると、基本的に女性を見下している彼は、人が変わったようにあなたを罵倒してくるかもしれません。

自分より下だと思っていた相手からのNoにプライドが許さないのでしょう。

できるだけ速やかに、実害を及ぼされない距離だけ遠ざかり、関係を断ってくださいね。

早い段階で見極めて

付き合った女性を不幸にする男性というのは、初めは優しくふるまっているかもしれませんが、徐々に女性を下に見る態度や、横暴なふるまいが見えてくるもの。

それらを見たとき、本能的に「こういう考え方・行動の人、無理!」と感じるなら、すぐさま逃げてください。

恋人になっても女性側が辛くなるだけで、幸せな恋愛にはなりませんよ。

(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)