気になる男性とのデートは、誰しも緊張と同時に幸せな時間に感じるでしょう。

しかし、そんな楽しい時間ほど、あっという間に過ぎていくもの。

デートが終わって、「もっと一緒にいたかったな……」と思ったら、その思いを彼に伝えましょう!

今回は、デート後のLINEで好感度を上げるテクニックを3つご紹介します。

デート後に好感度アップ!幸せな気分が持続する3つのLINE

メッセージは自分の言葉で

LINEが苦手な人は、つい定型文のようなメッセージを送ったり、スタンプだけで済ませたりしがちでしょう。

でも、一緒に楽しい時間を過ごせた彼に、無機質な印象のLINEは送りたくないですよね。

そこで大切なのが、決して上手な文章でなくても、自分の気持ちを込めたメッセージを送ること。

デート後のLINEの印象で、いまよりも先の関係に進めるか、それ以前に次のデートがあるかが変わることもあります。

大切なことは、相手の心に響くように、自分の言葉で伝えましょう。

内容を絞る

楽しいデートが終わって、男性にLINEを送るときは、内容をひとつに絞ることをおすすめします。

感謝の気持ちや楽しかったという感想のついでに、次の予定や世間話まで盛り込むと、会話が間延びしてしまいます。

そのため、やり取りがダラダラと続き、結果として感謝の気持ちが伝わりにくくなるでしょう。

相手の心に届けるには、その場の思い付きを全て送るのではなく、重要な部分に限って送ってくださいね。

ポジティブな内容を素直な気持ちで

デートの計画を立てた男性は、終わってからも彼女がどう思ったか気にしていることがあります。

たとえ言葉はシンプルでも「今日はありがとう」「楽しかった」といった言葉がもらえれば、喜んでくれるはずです。

自分のプランで楽しませられたという達成感から、「また誘いたい」と思ってもらえる可能性も。

デートの後にLINEを送るなら、自分の気持ちを素直に、かつポジティブな内容で送りましょう。

逆に、「今日は雨に降られて最悪だった」「嫌いな食べ物が出てきていやだった」など、ネガティブな話題を送ってしまうと、悪気はなくても相手を傷つけてしまうかも。

楽しかった思い出を次につなげられるように、2人の気分が上向く内容にしましょう。

一緒にいたいと思わせるLINE

デートの後にLINEで感謝の気持ちを伝えれば、お互いの幸せな気分を長持ちさせられそうですよね。

一緒にいる時間も、その後も幸せに感じられるなら、彼も「もっと一緒にいたい」と思ってくれるはず。

帰宅後のLINEを習慣化して、2人の仲を深めましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)