恋愛観や恋人への接し方は、人によって異なるものでしょう。

男性にとっては特別な意図はない行動でも、「これって特別扱いされているのかな?」と女性が舞い上がってしまうこともあります。

脈ありだと思っていたのに、彼にその気はなかった……なんて事態は避けたいですよね。

そこで今回は、好意があると誤解しやすい、男性の脈なし言動を3つご紹介します。

特別扱いする気はない…男性の紛らわしい脈なし言動3選

「○○には、なんでも話せるわ」

ちょっと気になる男友達から「なんでも話せる」なんて言われたら、特別扱いされていると感じるかもしれません。

しかし、本命の女性には、かっこ悪い部分を隠しておきたいという男性も少なくありません。

そのため、異性として、恋愛対象として意識していないからこそ、自分の素をさらけ出せているだけの可能性も。

とはいえ、交際に発展する可能性があるかは、今後の付き合い方によるところでしょう。

聞き役に徹しながらも、ところどころで女性らしさを見せてると効果的かも。

そこまで親しくないのに呼び捨て&タメ口

一見フランクで、距離が縮まったようにも感じる、呼び捨てやタメ口。

しかし、出会って間もない相手に敬語を一切使わない男性と言うのは、女性への思いやりがあるとは思えませんよね。

男性が年上の場合、とっつきやすくするためにタメ口を使うケースもありますが、このタイプの男性は基本的にフレンドリーなので、いろいろな女性と仲良くなりやすいでしょう。

付き合いが長くなって気を許した証としての話し方でないのなら、2人きりで会うのは様子を見た方がいいかもしれません。

遠慮なく注意してくる

言いにくいことを指摘してくれる人は少ないので、気になる男性からの注意を「私のためを思って言ってくれているんだ!」と思いがちな人もいるかもしれません。

とくに、彼が年上だと、すんなり言うことを聞いてしまう女性も少なくないでしょう。

でも、彼はあなたのためを思ってではなく、単に自分の思い通りにしたいだけかもしれませんよ。

こちらの考えを一度聞いてくれるのか、意見を尊重してくれるのかで、支配したいだけか、思いやりにあふれているのかが分かるはず。

なんでも相手の言いなりになっていると、利用される危険もあるので要注意。

脈ありとの誤解は避けて

女性をナチュラルにキュンとさせる言動ができる男性には、つい心を許してしまう女性もいると思います。

しかし、相手の言動を勝手に脈ありを解釈しては、自分が傷ついて終わる可能性が高くなるでしょう。

ドキドキしているときほど、冷静さを失わず、彼の本質を見抜いてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)