付き合うまでは、彼に好かれようと合わせていたけれど、だんだんと素が出てくること自体は珍しくないでしょう。

しかし、あまりに自分を偽ってアプローチをしていた場合、交際開始後に見えてきた彼女の本性に、男性がドン引きすることも。

そこで今回は、男性が別れを考えた彼女の言動を3つご紹介します。

交際前との差にドン引き…男性が別れを考えた彼女の言動3つ

友達にマウントを取る

「付き合ってからしばらくして、彼女のマウント取りが気になりはじめました。『あの子の彼氏ってどんな人か知ってる?』と言いながら、その人の欠点を語りだして……。
その後も、遠回しにいろいろな人をディスる様子にうんざりしました。他人と比較して、自分は魅力的って言いたいのかもしれないですけど、正直冷めるだけなんですよね」(28歳男性/編集)

「すごくいい子なんだけどさ」と前置きしながら、欠点を出して「自分の方が優れている」と暗にアピールする……。

一度相手を持ち上げる発言をするせいで、自分でも気づかずにやっている人は少なくありません。

他人と比較して魅力ではなく、自分なりの魅力でアピールしましょう。

甘えを通り越したワガママ

「職場ではすごく頑張り屋だったんですけど、プライベートはめちゃくちゃワガママで、遅刻とか行き先変更は日常茶飯事でした。
『○○くんにしか甘えられないから……』って言うけど、もうなんか疲れちゃったので別れました」(32歳男性/接客)

普段はしっかりしていても、甘えられる人物にはやりたい放題の女性。

はじめはかわいいと思っていても、徐々にうんざりしてしまう男性も少なくないでしょう。

なかには、わざとではなく、無意識にそうしている人もいます。

「親しき中にも礼儀あり」の言葉通り、恋人だからといって、なにをしてもいいということではありませんよ。

無理して合わせ、交際後投げやりに

「ものすごく趣味や考え方が合致する女性と、結婚を前提にお付き合いをすることになりました。でもいざ付き合うと、前に話してたことが嚙み合わなくなってきて……。
どうやら付き合う前は、僕に無理やり合わせていたようで、付き合ってからは『いいんじゃない?それで』って投げやりになってばかり……。それは、やっぱりさびしいよ」(29歳男性/製造)

付き合うこと、恋人を作ることに必死になって、相手に合わせすぎたり、自分を偽ったりしている女性もいるかもしれません。

しかし、付き合いが長くなるうちに、だんだんと会話が噛み合わなくなっていくでしょう。

恋愛の本番は、交際が始まってから。

自分の本心を大事にしながら、彼と彼の好きなものへの関心を示すことが重要ですよ。

一方が無理する必要のない関係を

付き合いが長くなれば、相手に自分の素を見せる機会も増えるでしょう。

しかし、それによって彼を傷つけたり、あるいは周りの誰かを踏み台にしたりするような言動には要注意。

幸せな関係を確立し、それを維持するためには、お互いが楽しい時間を無理なく作ることが大切ですよ。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)