男性は、なんとなくいいなと思った女性にも、本命の女性にも同じような態度を取ることがあるようです。

そのため、脈ありだと思っていたのに遊び相手だと思われていた……なんてことも。

今回は、男性が「本命の女性にだけはやらないこと」を3つご紹介します。

本気で好きだから!男性が本命の女性だけには「やらないこと」3つ

ダメ出し

「今までの恋愛は、どちらかというと相手の欠点ばかりに目がいっていた気がしますね。『仕事は正社員じゃないと』とか『アイドル好きは苦手』とか、ダメ出しみたいなことをよくしていました。

だけど今の彼女は付き合う前から、全部がかわいくてたまらなかったというか。『これは無理だな』と思うことが一つもなかったんですよね」(29歳男性/不動産)

相手に好意を抱いていても、欠点が気になってくることもあるでしょう。

しかし本命の女性に対しては、魅力ばかり感じて欠点など気にならなくなるという男性も。

ダメ出しや指摘ばかりされるときは、彼との相性がよくないサインなのかもしれませんね。

口約束

「興味がなくても、その場の雰囲気で社交辞令って言いがちじゃないですか?もう会う気はないのに『また飲みに行こう』とか言っちゃったり。

でも本命女性にはそんな口約束はしないですね。もちろんデートの約束をしたら、すぐ実行しますよ」(32歳男性/広告)

男性のなかには、社交辞令として「今度ご飯行こう」や「また飲みに行けたらいいね」などと言ってしまう人もいるのだとか。

しかし本命の女性には、口約束で終わらずきちんと予定を立て、実行にまで移すようです。

誘われたりデートの話が出たりしているけど、イマイチ進展しないのは、脈なしだからかもしれません。

酔った勢い任せ

「本命の女性に誤解されるのはいやなので、酔った勢いで告白はしないですね。そういう大事なことは、きちんとムードを考えてから言いたいです」(28歳男性/SE)

「憧れの先輩から飲みの席で『○○ちゃんってかわいいよね~』と言われました。てっきり両思いかと思ったのですが、じつは彼女がいると発覚!本気になる前に気付けてよかったです」(25歳女性/コンサル)

大人になると、お酒が入っているときのほうが話やすいこと、しやすいこともあると実感する人も多いはず。

しかし酔った勢いで口説いたり、告白したりするのはいやだという男性あが多いようです。

本命の女性には、お酒の有無に関係なく真剣な気持ちで向き合いたいと思っているのでしょう。

駆け引きなしの直球勝負!

本命の女性には、駆け引きやテクニックなどは使えないという男性も。

その思いが理屈ではないからこそのものなのかもしれませんね。

相手の気持ちに気付いたら、あなたも好意を示すようにしていきましょう!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)