好きな人の彼女になりたいとき、あなたならどんな行動をしますか?

勇気を出して告白したり、食事に誘ったりと、選択肢はいくつもありますよね。

直接的なアピールが苦手な女性には、「自分の魅力を彼に伝えること」がオススメです

そこで今回は、男性に聞いた「今の彼女と付き合おうと思った決め手」をご紹介します。

今の彼女と付き合おうと思った

男性を立てるのが上手い

「彼女は職場の同僚ですが、男性を立てるのがとても上手でしたね。『ここは○○くんの得意分野だから、教えて』みたいに。

うれしかったし、この先も一緒にいたいと思いましたね」(28歳男性/営業)

男性を上手く立てられる女性は、男性ウケがいいところがあります。

とくに年上の男性からは「賢い女性」と思われる確率が高いんだとか。

彼の自己肯定感を高めてあげることで、あなたのことを大切に思うようになるはず。

自分の「芯」がある

「最初はか弱い系の女の子だと思っていたんですけど、職場であたりのキツイ先輩に対して『先輩の意図が分かるまでは頑張る』って言ってて。

芯がある子って隣で応援したくなりますし、ほかの子にはない魅力がありますよね」(31歳男性/医療事務)

男性を頼るのが上手な女性もモテますが、彼女にしたいと思われるのは「芯のある女性」なのだとか。

周りに流されてばかりでは、なかなか特別視されません。

自分の意見をしっかり持ち、それを貫き通す強さをアピールしましょう。

人として尊敬できる

「今の彼女と初対面のとき、自分よりしっかり先のことを考えていて驚いたんです。

初めて家に行ったときも、仕事忙しいのに部屋がキレイだし、自炊も慣れてるし、心から尊敬しました。

人として尊敬できるので、彼女になってほしいなと思いましたね」(32歳男性/看護師)

得意なことがある、目標に向かって努力している、仕事熱心などなど……。

「人として尊敬できる」女性は、彼女候補にもなりやすいようです。

そこまで特別なことでなくてもOKなので、自分の魅力を探してみてください。

好きな人の彼女になるには…

男性は、「特別感」がある女性を彼女にする傾向があるようです。

ほかの女性にはない、自分なりの魅力で勝負することがカギになりそう。

また、その魅力を彼にしっかりと伝えることも大切ですよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)