男性と仲良くなったり、いい感じのところまで進展したりはできるのに、なぜか彼氏はできない……とお悩みの方はいませんか?

彼氏が欲しいのに上手くいかない人は、なにか原因があるのかも。

今回は、彼氏が欲しいのにできない原因を4つご紹介します。

当てはまるところがあるか、チェックしてみてくださいね。

いい感じにはなれるのになんで…?交際にまで発展できない原因4つ

恋愛の優先順位が低いから

恋愛だけにどっぷり浸からず、仕事や趣味が充実している女性は魅力的です。

しかしあまりにも恋愛の優先順位が低すぎると、近寄りがたさを感じるという男性も。

恋愛とのバランスを上手に保ちながらも、男性から「この子となら一緒に楽しめそう」と思ってもらうことも、彼氏を作るうえで必要になってくるのかもしれませんね。

ほどよい隙を見せることを意識しましょう。

2人きりにならないから

男女が距離を縮めるのに、2人きりで過ごす時間はとても大切なもの。

2人きりになるだけで、自然と異性として意識しやすくなります。

どれだけ仲がよくても、2人きりになる瞬間が少ないと、そのまま友達止まりになることも。

ほかの人との時間だけでなく、2人で過ごす時間を作るようにすると、関係性が変わってくるかもしれませんよ。

本気の好意を伝えていないから

告白を考えていたり、本気で付き合う相手を探していたりする男性のなかには、相手の気持ちがわからないと前に進めないという人も。

たとえ2人で楽しい時間は過ごせていても、女性からの好意を感じなければ諦めてしまうこともあるようです。

ときには真剣に思いをぶつけてみたり、将来について語ってみたりなど、自分の気持ちを素直に出すことも忘れないようにしましょう。

つねに受け身でいるから

男性にリードされたいと考えている方はいませんか?

相手を立てるのが、恋愛で有効な場面もあるでしょう。

しかしつねに受け身のままだと、男性に「脈なしかも」と思わせてしまうかもしれません。

告白をする勇気はなかったとしても、自分の意見を伝えたり、好意を示したりすることを意識できるといいですね。

あと一歩を踏み込んでみよう

男性のなかには、いいなと感じる女性がいても、うまくいくかわからなければそのまま諦めるという人もいます。

いい感じになったのに、毎回それの繰り返しでは彼氏を作るのは難しいでしょう。

原因がわかったら、あとは行動するだけです。

できることから少しずつ試してみてはいかがでしょうか。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)