いい雰囲気だと思っている男性との関係がなかなか進展しないと、じれったく感じてきますよね。

進展しない理由は人それぞれで、彼が「もう少しお互いのことを知ってから」と思っていたり、あまりに忙しくてその余裕がなかったりすることもあるでしょう。

しかし、彼に「進展させる気がないから」なんて場合も……。

そこで今回は、じつは男性に遊び相手認定されているときのサインを3つご紹介します。

彼に進展させる気はある?男性が遊び相手認定しているときのサイン

LINEは自分が会いたいときだけ

「イイ感じだった彼は、会う予定を決めるときか、待ち合わせのときしかLINEをくれなかったんです。こっちが送っても基本は未読か既読スルーで、彼からは『明日の夜空いてる?』みたいな急な誘いばかり。

SNSで彼を見つけたときに、『2周年おめでとう』って彼女とのツーショットを投稿してて、『あーやっぱりな』って思いました」(23歳女性/受付)

彼の都合でしかLINEをくれないなら、キープ扱いされている可能性は高いでしょう。

仮にSNS全般が苦手でも、その理由を話すなら、できるだけ返信しようと考えるなりするはず。

本命の女性とのやり取りをないがしろにする男性はほとんどいませんよね。

デートはするのに進展させない

「8ヶ月くらいデートしてたけど、食事はするのに、キスどころか手も繋がなかったんですよね。最初は草食系とか、プラトニック派なんだなって思ってたけど、友達に『絶対なんかあるよ』って言われて。

ネットで名前を検索したら、既婚男性でした。たしかに会うのは平日ばかりだったし、電話はいつも屋外からかけてくるし、いま思うと引っかかる点だらけでしたね」(28歳女性/制作)

デートを重ねているのに、関係を進展させる素振りがないのは、男性が「訳アリ」だからかもしれませんね。

本命の彼女がいたり、すでに結婚していたりする場合もあるので、気をつけましょう。

「忙しいから会えない」ばかり

「LINEの頻度は高いのに、全然会ってくれない男性がいましたね。デートに誘っても『ちょっと忙しくて』と断られてばかりで。共通の友達に聞いて、彼に本命の彼女がいたことを知りました」(22歳女性/学生)

ひんぱんにLINEを送ってくるのに、「忙しい」と言われなかなか会ってくれないのは、そもそも会う気がないのかも。

たしかにLINEでも仲を深めることはできますが、本気で関係を進展させようと思ったら、忙しくても時間を作って会おうとする男性が大半でしょう。

単なる暇つぶしか、自分に好意のある女性を手元に残しておきたいのか。

理由はさまざまかもしれませんが、LINEは続くのに会おうとせず、またその理由も納得のいくものでない男性には、早々に見切りをつけることをおすすめします。

幸せになれる恋を探して

いくら魅力的といっても、あなたを思いやった行動や、2人で幸せになる態度が見えない男性とは、距離をとった方がいいでしょう。

彼ひとりの満足のために、あなたの時間を使うなんてもったいなさすぎます。

あなた自身を幸せにしようと行動してくれる、素敵な男性を見つけてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)