デートのときは、他愛のないおしゃべりをするのも楽しいものですよね。

そこであなたの好意を伝える一言をさらっと伝えてみたら、男性は「ひょっとして俺のこと好きってこと……?」と、一気にテンションアップする可能性大。

今回紹介するのは、そんな彼の心をわしづかみにするキラーワード。

なにげない会話のなかでもさらっと使えるものばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。

次のページから、詳しく見ていきましょう。

デートで言われたらヤバい♡男性がグッとくるキラーワード3選

「〇〇くんの話、もっと聞きたいな」

男性よりも女性のほうがおしゃべりな傾向がありますが、ふいに彼女に「〇〇くんの話、もっと聞きたいな」と言われると男性はドキッとするみたい。

彼女との楽しいおしゃべりの中、安心しきってるところで出てくる“あなたのことをもっと知りたい”という意味のこの言葉。

「俺のこと、好きだと思ってくれているんだ……」と彼はうれしくなるにちがいありません。

そもそも男性って、積極的に自分のことを深く話さない人が多いもの。

だからこそ、自分の話に興味を持ってくれる、その希少性からも男性はドキドキするみたいですね。

思わぬ不意打ちに、内緒の話をついつい言っちゃうかもしれませんよ。

この言葉はデート中でなくても、LINEでもいつでも使用可能な便利な言葉です!

「◯◯くんの好きな人って誰?」

男性は付き合っている彼女や気になる女性にこう言われると、即「お前だよ!」なんて想像するかもしれません。

けど、そんな野暮な答えは言えないし言わないものです。

言われたら、「お前だよ」と言われたいのかと考える男性もいるみたい。

言うとしてもたいていの男性は、照れてぶっきらぼうに伝えるのではないでしょうか。

スマートに「お前だよ!」とストレートに言えるような男性は、モテすぎて困るくらいモテているでしょう。

だからこそ不意打ちで女性から「好きな人は誰なの?」と言われると、ドキッとするのです。

どう転んでもいいようにしかならない、この言葉をぜひ彼に使ってみましょうね。

「この後……どうする?」

デート中に「この後どうする?」なんて聞かれて、男性はドキッとしないわけがありません。

この言葉を言ったあとは、あなたからなにも提案せず、彼からの発言を待ってみましょう。

彼は、「誘われてるのか?それとも、俺の思い違いなのか?」といろいろな想像が脳内を巡るはず。

もう帰るのか、それともどこかへ2人で行くのか?どこに行きたいのか?それともどちらかの家に行くのか……。いろいろ考えてドキドキするのです。

一方で男性側がこの言葉を言うときは、すでに彼の頭のなかでいろいろと選択肢ができているとき。

そこで彼女が「まだ帰りたくない、けど明日の朝早いんだ」と帰ったとしても大丈夫。

彼は「まだ帰りたくないと思ってくれていたんだ……また会いたい!」「早くデートしたい!」とウキウキしながら帰途につくでしょう。

キラーワードで心をつかもう♡

今回紹介したキラーワードたちは、何度も使うと効果が薄れてマイナスに捉えられてしまうこともあります。

こういう思わせぶりな一言って、それだけ人の感情を揺さぶるものなんですね。

言われると「次のデートでもしかして……!」と期待する男性も多いはずですので、使うのはここぞというときにしておきましょう。

次回はさらにドキドキ&楽しいデートができるよう、とっておきの一言で彼の心をつかんでくださいね♡

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)