ひとり暮らしを始めるとき、ほとんどの人が大きな環境の変化を同時に経験します。

新しい場所での生活に慣れていない男性を彼女として支えることで、彼のあなたに対する愛が深まっていくはず。

そこで今回は、男性がひとり暮らしをきっかけに、彼女の愛を感じた行動を3つご紹介します。

彼の生活を支えて!ひとり暮らしを始めた男性の彼女への愛が深まったきっかけ

自炊をサポートしてくれた

「仕事は忙しいし、料理も苦手だったんですけど、彼女が混ぜるだけのレトルトとか便利な調味料とかを揃えてくれました。

おかげで仕事終わりでも自炊して生活ができて、いまでも彼女に感謝してます」(24歳男性/医療機器メーカー)

自炊の習慣がない男性がひとり暮らしを始めると、食事が外食や総菜に偏りがち。

「彼女としてご飯を作ってあげる」ということもできはしますが、毎日というわけにはいかないでしょう。

そんなときは、簡単に作れて栄養のバランスも悪くない、そんな便利な食品で料理の時短をサポートするのがおすすめですよ。

買い物を手伝ってくれた

「日用品って、値段の見極めが難しいですよね。一人暮らしでまとめて必要になったとき、彼女が買い出しを代わってくれたおかげで、かなり節約になったと思います。

その後もこまめに買い出しに付き合って教えてくれたので、だんだん見極められるようになりましたね」(25歳男性/不動産会社)

慣れるまでお金がかかりがちなひとり暮らしでは、節約につながるサポートも効果的ですよ。

物の値段を判断するのが苦手という男性は少なくないので、彼の買い出しに付き合って少しずつ教えてあげましょう。

2人の時間を楽しむことができると同時に、彼の生活力を伸ばすきっかけにもなるはず。

部屋が片付くまで住ませてくれた

「引っ越し後も仕事が忙しくて部屋を片付けられそうにないなと、引っ越し前からどうしようか考えていました。実際、狭めのワンルームが段ボールでいっぱいになって、とても生活できそうになかったです。

でも、彼女が『片付くまでしばらくうちにいていいよ!時間見つけて一緒に片付けよう』と提案してくれて、本当に助かりました」(25歳男性/寝具メーカー)

引っ越し直後に時間の余裕がないと、部屋の片付けも後回しで生活が困難なままになることもあるでしょう。

そこで、自分の家にいさせてくれるという提案に、彼は半同棲生活に気分が上がるだけでなく、あなたの確かな愛を感じるはずです。

片付けも一緒に手伝ってあげれば、彼の心をつかめるだけでなく、自然と彼の部屋に遊びに行けるようにもなるかもしれませんよ。

環境が変わる彼を支えて

ひとり暮らしを始めるタイミングというのは、環境の大きな変化がセットになりがち。

新しい場所や生活習慣に慣れるまで、彼をサポートしてあげられる機会はいくつもあるでしょう。

最初がとくに苦労するひとり暮らしを支えれば、彼の生活にずっといてほしい存在になれるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)