毎日連絡を取り合っているし、デートのときは手を繋いだりもする彼。

もう付き合っているも同然なのに、まだ告白してくれない。

そんな関係がつづいていると「私の勘違い?それとも他に本命が?」なんて、思い悩んでしまいますよね。

そこで今回は、「両思いっぽいのに告白してこない男性」の本音をご紹介します。

両思いじゃないの…?「告白してこない男性」のリアルな本音

もう付き合ってると思っていた

「恥ずかしいし、改まった告白は苦手なんです。

何回もデートして、手をつないだりすることもあるんだから言わなくたってわかるでしょ?」(30歳男性/経理)

告白なしになんとなく付き合い始めることのほうが「自然でいい関係」と思っている男性って、一定数います。

そして「告白なしでも、もう恋人同然なんだからこれでいいでしょ?」なんて思っていることも。

しびれを切らした女性から、「私たち、ちゃんと付き合わない?」と言われて、びっくりするのだとか……。

「私たち、付き合ってるんだよね♡」と、軽い感じで聞いてみるのもいいでしょう。

周りにバレたくない

「何度もデートしてるし、好きだし、本当は告白したほうがいいのはわかってる。

でも、周りに2人のことがばれたら照れくさい。しかも振られたりしたら立ち直れない……」(25歳男性/フリーター)

職場恋愛や、友達を巻き込んだ関係などの場合、周囲に恋愛のことで口出しされたくないあまりに、関係をはっきりさせることを渋る男性もいます。

あなたの口が軽いと思っているわけではないけれど、「なんでも周りに話されてしまったらどうしよう」と心配しているのかもしれません。

こんなときに効くのが「口の堅さアピール」です。

たとえば噂話に乗らない、その場にいない他人の話をしないなどですね。

さらに、2人のときとみんなの前では彼に対する態度も変えるなどして、「女同士は何でも筒抜け」という彼のイメージを消す努力が必要かも。

付き合ったらケンカが増えそう…

「好きな気持ちは確かにあるし、恋人同士になった自分たちを想像すると結構いい感じだと思う。

でも、実際には激務で趣味や友達付き合いもあるし、すれ違いに終わる気がする。

付き合わない方が、会えないときが多くてもケンカにならなそう」(31歳男性/営業)

付き合い始めてからの不安要素と恋心を天秤にかけて、「大変そうだし今のままでもいいか」と、関係をはっきりさせたがらない男性も案外多いもの。

女性のほうから告白されれば2つ返事で付き合ってくれますが、いざ彼女が不満を漏らすと「付き合ってって言ったのは自分だよね?」と開き直ることも。

悲しいけれど、「いろいろ努力したいほどではない」というレベルの「好き」なのかもしれません。

関係性をハッキリさせよう

彼ときちんと「私たちは恋人同士」と確認し合うまでは、油断は禁物です。

とはいえ、迷っている状態で決断を迫られると「やらない」ほうを選ぶ男性のほうが圧倒的に多いもの。

だから、彼がまだ迷っているのに無理やりハッキリさせようとすると関係自体が壊れる可能性も。

楽しさ、束縛の少なさ、相手への理解など、「付き合うメリット」を見せるようにしていくと、じきに彼からの告白もあるかもしれませんよ!

(愛カツ編集部)