芸能人の結婚報道などでよく耳にするのが「年の差婚」。

いざ自分のこととなると、「年の差婚なんて考えられない!」と思う人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、経験者に年の差婚の良い点と悪い点を聞いて見ました!

経験者に聞いた!彼が5歳以上年上…「年の差婚」の良い点・悪い点

いざというときに頼りになる

「彼は私より6つ年上です。だから、やっぱり人生経験が豊富で、自分より知識も余裕もあって。自分の考えをしっかりと持っているので、頼りになります」(27歳女性/経理)

人生経験が豊かな人や、社会生活が長い人の方が頼りがいがありますよね。

結婚相手に包容力や安心感を求めるなら、年齢差が大きい年上男性はおすすめ。

ケンカになりにくい

「彼が7つ年上です。彼とはほとんどケンカになりません。考え方とか環境が違うから、それをいい意味で認め合えてる気がします。だからお互いにムキになったりしないんだと思いますね」(32歳女性/公務員)

年齢差があると、やはり育った環境が大きく異なるため、考え方や価値観が異なるもの。

年の差カップルは、その違いを前提としてお互いに認め合っているため、イライラすることも少ないのでしょう。

経済力にはそれほど期待できない

「彼が10歳年上なんですけど、思ったよりも経済力がないっていうのが正直なところ。独身のときに遊んでばかりで、貯金も熱心にしてこなかったみたいだし。

年上だからといって安心しすぎない方がいいと思う」(31歳女性/営業)

独身生活を謳歌しすぎたあまり、貯金をしていないケースも。

自分よりも社会人歴が長いからといって、経済面で安心しすぎるのは危険かもしれません。

出会ってすぐに貯金額を聞くのは失礼なので、「実家にお金入れたりしてます?」などの質問をして、探りを入れてみるのも手です。

老後が不安になる

「彼が10個以上も年上なんですよ。彼が退職したあとのことや彼の老後、もし彼が先に亡くなったら……など、将来の不安は拭えないですね」(24歳女性/企画)

年の差婚で最も不安になるのが老後についてではないでしょうか。

老後から逆算して、早いうちから貯金などについて考えておくといいでしょう。

年の差婚もあり?

総じてみると、メリットの数だけデメリットがある、といえそうです。

とはいえ大切なのは年の差ではなく、一生一緒にいたいと思える相手と結婚すること。

ぜひ参考にしてくださいね!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)