嫌なことでもやらなくてはいけない場合がありますが、これだけはやらないように気を付けてほしいことが、星座別にあります。

女性の12星座別に、運気アップのためにその女性が控えたほうがいいことを占います。

前編に引き続き、てんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)のご紹介です!

【後編】星座別・運気アップのために「控えたほうがいい」こと

てんびん座(9/23~10/23)

【責任過剰】

てんびん座の人間関係を上手に扱うスキルは、とても優秀です。

しかし、家族間の関係バランスをよくするために、がんばりすぎる傾向があります。

「自分にしかできない」と責任を過剰に感じてしまうのを控え、家族に頼るようにすると運気アップとなります。

さそり座(10/24~11/21)

【束縛や嫉妬】

さそり座といえば、情熱的過ぎる愛情が宿命のテーマ。

1人の相手を愛し尽くし、幸せを手に入れるのですが、過剰な愛が束縛や嫉妬に変わることも多々あるのです。

これを控えれば、恋愛運のみならず、全体的に運気アップとなるでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【お金を自分で管理】

誰にも束縛されず、自由に生きることが宿命の、いて座。

しかしお金だけは、自分の好きなように管理するのを控えた方がいい運命です。

誰かに金銭管理をしてもらうと、運気アップ。

家族にお願いしてもいいですし、信頼できる金融のプロにお任せするのも、1つの方法です。

やぎ座(12/22~1/19)

【オーバーワーク】

仕事熱心なやぎ座。

控えたほうが運気アップとなるのは、ずばりオーバーワークです。

やれる仕事は全てやろうとするし、これから発生するであろう仕事の下準備までしていては、健康運をはじめ人間関係運も下がってしまいます。

休息と娯楽を取り入れましょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【フレンドリーすぎ】

誰に対してもフレンドリーなみずがめ座。

恋人も友だちも仕事相手も、同じように接してしまいがちです。

恋人からすると、特別扱いされている感じがないので、いい気持ちではないかも。

この負の気持ちはみずがめ座の運気も下げるので、誰に対してもフレンドリーすぎるのは控えましょう。

うお座(2/19~3/20)

【ルールの多い仕事】

うお座が運気アップのために控えたほうがいいことは、ルールの多い仕事です。

できないわけではなく、ルールに従おうとどこまでも心を砕いてしまい、結局うまくいかない可能性が高いからです。

向いていないので、着手しないのが賢明でしょう。

実践してみて!

それぞれの星座の宿命に逆らうようなことや、伸ばすべき資質を抑えるようなことは、控えたほうが運気アップになります。

ストレスの元を作らないように、気をつけてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座が運気アップのために「控えたほうがいい」こと