気になる男性に対しては、LINEでもアプローチやアピールに力を入れたくなる女性も多いと思います。

もちろん、好意を向けられること自体はうれしく思う男性がほとんどですが、前のめりすぎる女性の姿勢に引いてしまうことも。

そこで今回は、男性に距離を置かれるLINEのやりすぎなアプローチを3つご紹介します。

一方的な好意はNG…男性に引かれるやりすぎLINE3選

返事を待たずに連投

男性からの返信が来る前に、思いついたことをどんどん送るのは、受け取る側に恐怖を与える可能性が高いもの。

スマホを見て、連続した内容のメッセージと写真が並んでいるならまだしも、長文がいくつも送られてきていれば、引いてしまう人も多いはず。

気になる女性からのLINEなら、そのような感情も少ないかもしれませんが、これから距離を縮める段階なら要注意。

本格的なアプローチの前に距離を置かれないよう、好印象を保つLINEを心掛けましょう。

断っているのに誘いつづける

好意を持っている女性からの誘いには、なんとか時間を作ろうとする男性がほとんどのはず。

しかし、さほど興味のない女性には、そこまで手間をかける気はないでしょうし、何度も断っているのにしつこく送られてきては、ウンザリしていくでしょう。

また、脈なしであることを察してくれないと、関わること自体が苦痛に感じられてしまうかも。

時間をかけて距離を縮めることも恋愛の一部ですから、強引な誘いは控えることをおすすめします。

ハートの乱用

送る側は彩りや装飾程度の意味合いしかなくても、受け取る側は好意的なニュアンスを感じてしまう絵文字のハートマーク。

文章の中に1~2つ程度ならアクセントになっても、必要以上に多用すれば、過剰なアピールととられる可能性も。

ガツガツ感を覚えるアプローチに、引いてしまう男性も少なくありません。

乱用するよりも、使いどころを絞った方が目を引き、気になる彼の心を揺さぶれるはずですよ。

一方的な好意は尻込みさせる

自分に好意を向けられていることが分かれば、男性も少なからずうれしく思います。

しかし、その思いが強すぎると、気後れしても仕方ないでしょう。

しつこすぎるLINEは距離を縮めるどころか、相手を遠ざけるだけなので、押し引きのバランスを意識してくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)