仲のいい男性が、アプローチのような、変な言動をしてくるということはありませんか?

自分に好意を持っているのか、それともただ変な人なのか、戸惑うこともありそうですよね。

そこで今回は、男性が好きな女性にするちょっとずれたアピールの仕方を3つご紹介します。

変わったアプローチ?それとも?男性の好きな女性に対するずれたアピール3つ

「俺も俺も」

「同僚で仲良しの男性が、なにか話すたびに『あ~俺もそれ好き!』とか『俺もそう思ってたんだよ~!』とかって、なんか『俺も俺も』が多くて。

正直嘘っぽいし、無理に合わせてるように感じていました。でも、この前告白されて『あ、好きでいてくれたんだ』と思うと、ちょっと納得です」(26歳女性/事務)

極端に同調してくるようでは、「話合わせてるだけじゃないの?」と疑いたくなる気持ちも分かります。

やたらと「俺もそうだよ!」という男性としては、自分があなたと近い価値観の、ふさわしい存在だとアピールしたいのでしょう。

また、好きな人が好きなものは自然と好きになるという原理で「俺もそれ好き!」と言ったり、好きなあなたの言うことだから「なるほど、俺もそう思うなぁ」と感じているのかも。

必ずしも、無理して合わせているわけではないようですよ。

「俺すごくない?」

「今付き合っている彼氏が、付き合う前にやたらと『俺すごくない?』って言ってたんです。

『はいはい』って感じになってたんですが、じつは私のことが好きで、自分のすごいところを分かって欲しくてしかたなかったみたいです(笑)」(24歳女性/皮膚科受付)

男性は、好きな女性に対して自分のよさを知ってほしい、認めてほしいと思うもの。

でも、黙っているだけじゃ気づいてもらえそうにないと思うと、自分のよさを語るというアプローチに出てしまうのでしょう。

単に好きな人の「すごいね」欲しさに必死にアピールしていると思うと、なんだか健気ですよね。

「俺はあいつとは違う」

「仲間内で仲のいい男の子が何人かいるんですが、AくんがやたらとBくんを持ち出して『俺はあいつとは違うから』とか言ってくるんですよね。

なにが言いたいか分からなかったんですが、やり取りを知ってるC子が『Aはあんたのこと好きだから、Bに取られたくないんでしょ』って。分かりづらいなあって思ったけど、悪い気はしないかな」(20歳女性/学生)

自分が勝手にライバル視している相手を持ち出して、「俺は違う」とアピールすることで、自分を見てもらおうとしているのかも。

また、暗に「俺の方がいい男だから、俺を選んで」と伝えたい可能性もありますね。

上手なアピールとは言えませんが、男性の必死さがうかがえるアプローチでしょう。

不器用なアプローチを受け止めて

子どもっぽい男性がやりがちなアプローチは、一見変な言動にしか見えず、その心理や目的は分かりにくいもの。

でも結局は、不器用さゆえに愚直なアピールしかできないと分かれば、悪い気はしないでしょう。

ちょっとずれたアプローチをくみ取ってあげることで、2人の関係が深まるかもしれませんよ。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)