人生で一番の素敵な恋愛に憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかしそんな恋は、あとになって気付くこともあるようです。

事前に知っておけば、逃さずに済むかもしれません。

今回は、干支別に、「忘れられない大恋愛」を占いました。

前編に引き続き、午(うま)年から亥(いのしし)年までのご紹介です。

【後編】干支で占う!一生に一度の「忘れられない大恋愛」とは

午(うま)年生まれ

【駆け引きなしのストレートな恋】

明るく裏表のないところが魅力の、午(うま)年生まれ。

駆け引きせずに真正面からぶつかっていける恋こそ、忘れられないものとなるでしょう。

相手は誰もが憧れる高嶺の花のような存在ですが、午(うま)年生まれのまっすぐな情熱で、またたく間にトリコにできるはず。

未(ひつじ)年生まれ

【ハイスぺ男性に尽くす恋】

控えめな未(ひつじ)年生まれにピッタリな恋は、ハイスぺ男性との恋。

仕事ができる彼に、未(ひつじ)年生まれが陰ひなたなく尽くすことで、相手はどんどん出世街道を歩むことに。

未(ひつじ)年生まれの、内助の功が光る恋愛となるでしょう。

申(さる)年生まれ

【漫才のように息ピッタリな恋】

申(さる)年生まれの大恋愛は、まるで漫才を見ているかのような楽しいもの。

彼のボケに申(さる)年生まれが鋭いツッコミを入れるなど、打てば響く言葉のキャッチボールを交わすうち、気付けば2人は恋に落ちているでしょう。

酉(とり)年生まれ

【バトルを勝ち抜いた勝者との恋】

お手軽な恋では満足できないのは、プライドの高い酉(とり)年生まれらしさでもあります。

酉(とり)年生まれをめぐって複数の異性がバトルを繰り広げ、最後に勝ち残った勇者と結ばれる……。

そんなドラマティックなストーリーこそ、酉(とり)年生まれの大恋愛だといえるでしょう。

戌(いぬ)年

【尊敬が愛に変化する恋】

古風な戌(いぬ)年生まれは、遊びで恋をするなんてできないタイプでしょう。

恋のベースにあるのは尊敬。

先生や上司など年上異性を思い続け、相手がパートナーと別れたあとに彼女の座を勝ち取るのが、戌(いぬ)年生まれの大恋愛になりそう。

時間はかかるけれど、心の底から好きな人と結ばれれば本当に幸せだと感じられるでしょう。

亥(いのしし)年

【穏やかで温かい恋】

良くも悪くもピュアでまっすぐな、亥(いのしし)年生まれ。

ダメ男や危険な相手に惚れ込み、もてあそばれた挙句に捨てられた経験もあるかもしれません。

そんな亥(いのしし)年生まれの大恋愛は、陽だまりのように穏やかで温かい恋。

傷ついた亥(いのしし)年生まれを包み込んでくれるパートナーと、平凡ながらも幸せな恋をするでしょう。

忘れられないほどの大恋愛を

忘れられないほど幸せな恋は、絶対に手放したくないものでしょう。

幸せや喜びに気付き、その瞬間を大切にできるよう心がけてみてください。

ほかの誰でもなく、あなたが「最高」と信じるものこそが正解だと思ってよさそう。

自分を信じ、恋愛を楽しんでくださいね。

(涼月くじら/占い師)

(愛カツ編集部)