付き合っている男性を自分の家に招きたくても、「家に来てほしい」とストレートに誘うのは恥ずかしいと思う女性も多いでしょう。

そんなときは、彼が家に入る口実を作ることで、ハードルをグッと下げることができるんです。

そこで今回は、彼氏をお家デートに誘う自然な流れの作り方を3つご紹介します。

急接近間違いなし!彼をお家デートに自然に誘う3種類の口実

ペットや共通の趣味

家でペットを飼っているなら「彼に紹介したい」というのは、自然に使える誘い文句でしょう。

ほかにも、2人とも趣味で楽器を弾く、好きな映画俳優が同じといった共通点があれば、「2人で楽しめるもの」を準備して呼ぶこともできるはず。

初めてのお家デートとなれば、お互いに緊張しがちですが、すでに話題になるものが用意されているなら、会話も弾みやすく、盛り上がれるのではないでしょうか。

「○○パ」に誘う

お家デートの誘い方で鉄板のひとつと言えば、「鍋パ」や「タコパ」といったパーティーを口実にするもの。

企画自体が無邪気なので気軽に誘え、変に警戒されることもなく、2人で一緒にいて会話に困るということも少ないでしょう。

また、自然と共同作業が多くなるので、2人の距離もグッと縮まるはず。

買い物から一緒にできれば、いつもよりも盛り上がった気分でパーティーに入ることができるので、おすすめですよ。

「虫が出た」と助けを求める

家に虫が出たとき、1人で冷静に対処できるという女性はそれほど多くないと思います。

また、男性も「虫が苦手な女性は多い」というイメージを持っている人が多いでしょう。

あなた自身が苦手かそうでないかに関わらず、男性に助けを求めても不自然ではありませんし、必死に頼られれば断らない男性がほとんどのはず。

ハプニングをかたるのは、乱用できる手段ではありませんが、彼に最初の一歩を踏み出してもらうには、有効な方法かも。

一度部屋に入ったことがあれば、次にお家デートに誘うハードルは下がりそうですよね。

自然な流れを作ってあげて

男性も、彼女の家に行きたいと自分から言い出すのはハードルが高いと感じるもの。

そこで、彼があなたの家に入る自然な流れを作ってあげれば、2人の距離を一気に縮めることができるはずですよね。

お互いが変に意識したり、重くとらえたりしないような口実を用意してあげましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)