彼氏の浮気、音信不通、浪費グセなど……気になりつつも指摘できなかったり、言っても聞いてくれなかったりすることもあるかもしれません。

しかしそこで諦めていては、あなたがつらい思いをするだけ。

今回は、「問題児な彼氏」を反省させる言葉を3つご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

浮気に浪費…「問題児な彼氏」を反省させる一言

「信用してた私がばかだった」

「ついつい浮気してしまって……1回くらいならと思ってたけど彼女にバレたんです。まあ俺が悪いんですけど。

『信用してた私がばかだった。もう信じられない』と失望されたときは、心から反省しました。失わないと大切さに気付けないのは情けないけど、彼女に見捨てられなかったのが救いです」(30歳男性/建設)

彼氏の浮気が発覚したときには、悲しかったり信じられなかったり失望したり、複雑な気持ちを抱えるはず。

しかし「私が悪かったのかな」などと思う必要は全くありません。

きちんと自分が感じたいやな気持ちを伝えましょう。

あなたの大切さに気付けば、行動を改めるようになるかもしれませんよ。

「それで恥ずかしくないの?」

「競馬がやめられなくて、ついに借金までしてしまったとき、彼女から『人としてどうなの?恥ずかしくならないの?』と言われました。

普段大人しい彼女が心底あきれた目で見てきたことが忘れられません。それからは競馬をやめて働いてお金も返して、早く彼女を安心させたいなと思っています」(34歳男性/人材)

彼氏になにかを正してほしいときには、「やめなよ」と言うよりも「本当にそれでいいの?」や「恥ずかしくないの?」と聞いた方が効果的かもしれません。

自分が信頼している人や近しい人に言われると、この言葉は絶大な効果を発揮することも。

優しく注意しても聞いてくれない場合は、真剣に問いただすのがよさそうです。

「…最低」

「…最低」

「彼女に浮気がバレたとき、『ごめん、でも本当に好きなのはきみだけだから』って土下座しました。でも、長い沈黙のあと『……最低』とだけ言われ、立ち去られました。

今思うと、安い土下座だったな。泣かれた方がまだマシだったとさえ思います。自業自得なんですけど、『最低』の一言にはかなりへこみましたね」(28歳男性/美容師)

自分の感情がうまくまとまらないときは、短く一言で伝えるのもいいかもしれません。

言いたいことを我慢するのではなく、きちんと伝えたほうがお互いのためになることも。

今後どうなりたいのかまで考えて、結論を導きだせるといいですね。

気持ちをきちんと伝えよう

大好きな彼氏相手だと、ガツンと言えないこともあるのではないでしょうか。

しかし自分のためにも、彼のためにも、ときには厳しい言葉をかけたほうがいいタイミングもあります。

状況に合わせて、彼に響く言葉を伝えられるといいですね。

(愛カツ編集部)