気になる男性とLINEをしている時間って、まさに至福です。

でも、連絡は取るものの進展がなく、なんだか彼もそっけなくなってきた場合、脈があるのかどうかを見抜きたいものですよね。

そこで今回は、これをされたら諦めて!という、男性の脈なしサインをご紹介します。

諦めるしか…「ほぼ脈なしの男性」がLINEで見せるサイン4つ

「彼女がほしい」と言ってくる

「自分に対して『彼女ほしい』って言ってくる人は脈なし。私との出会いを男性は出会いとは思ってないんです」(25歳女性/事務)

こういう男性は、自分のことを恋愛対象として見ていません。

自分から少し積極的にアピールするなどして、異性として気になっていることを伝えてみると、流れが変わってくるかもしれませんよ。

冗談ばかり言ってくる

話をしていても、冗談しか言ってこない場合、恋愛対象に見られていない可能性があります。

「気がある子には真面目な相談したり、真剣な恋愛話したりするんですが……。

この子と恋愛はないなっていう女性には、ついつい冗談を言ったりいじったりしちゃいますね」(24歳男性/営業)

話す内容が適当で、真剣味が感じられない場合は脈なしかもしれません。

気になる彼とのトークの履歴の内容を今一度確認してみましょうね。

デートに誘われない

LINEのやり取りは続くけれど、デートの誘いはまったくかからない場合、単なるLINE友達と思われているかもしれません。

「女友達とも普通にLINEをしますが、デートの誘いをするのは好きな人だけ。

本当に仲のいい女友達じゃないと『飲みに行こう』とは言わないです。男友達と遊んでいた方がおもしろいので」(27歳男性/公務員)

とくに、こちらから「飲みに行こう」と誘って「その日は予定がある」と断られて、男性から「来週はどう?」と代案が返ってこないようだと決定的かも。

プライベートな話をしない

 
詳しい仕事内容や住所、家族の話など、プライベートの話を全くしてこないというのも、脈なしの可能性が高いでしょう。

「遊び目的の人に、プライベートなことは話さないです。体だけの割り切った関係を求めているので」(26歳男性/銀行勤務)

他にも「誘いがいつも夜」とか「彼の友人に合わせてくれない」などの場合は危険かもしれません。

脈なしなら早めに次に行こう!

意中の彼が脈ありかどうか分からないという場合、今回ご紹介した4つのサインを確かめてみるといいですよ。

脈なしだとわかったら、時間を大切にするためにも早めに諦めて次に行きましょう。

彼を超える素敵な出会いが待っているかもしれませんからね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)