好意の有無が、態度や行動に表れると思う人は多いでしょう。

実際、脈なしの相手とのデートでは、明らかにつまらなそうな態度をとる男性もいます。

でも、脈なしに見えるだけで、本当はたしかな好意が隠れていたということもあるんです。

そこで今回は、じつは脈ありな男性の、行動に隠れた思いをご紹介します。

一見脈なしでも…好意が隠れている男性の行動3つ

恋人がいるか聞く

「いい雰囲気になった男性に『彼氏いないの?』『作らないの?』って何度か聞かれて、私のことは好きじゃないのかな?と思っていたら告白されました。

あとで聞くと『まだちゃんと付き合ってないから、ほかにイイ感じの人がいたら……って気になった』だって。彼氏作れば?って意味だと思ってたので、意外でした」(30歳女性/デザイナー)

仲はいいけど告白して成功する自信がない男性は、「彼女はみんなに感じがいいから、自分にもただ人として優しいのかも」と心配して聞いてくるのかも。

女性が優しさから一緒にいてくれただけ、という想像を捨てきれない彼には、背中を押す言葉をかけてあげてもいいかもしれませんね。

2人きりでスマホを触る

「すでに仲良くて、口うるさくない子が相手ならデート中にスマホを見ることもあります。できるだけ手短にする努力はしますけど。その子を信用してる証拠ですよ」(28歳男性/営業)

デート中に男性がスマホを触ったら、不快感を覚えたり、つまらないんじゃないかと不安になったりする女性が多いと思います。

でも、簡単なスマホチェックをサッと済ませるようなら、この程度で揺らぐ関係じゃないと信頼している証拠かも。

ただし、ちょっと連絡をチェックするだけのはずがSNSをじっくり見始める、スマホゲームに夢中になる、なんて場合は、「どうせなにも言わないだろう」と思われているだけの脈なしでしょう。

女性にデートプランを決めてもらう

「おしゃれな子が相手だと、自分のデートプランに自信を持てないんですよね。だから、自分が不慣れなことをするより、その子の行きたいところに行って楽しんでもらいたいと思ってます。

なので、あれこれ考えないで、待ち合わせ場所まで行ってから決めることも多いです」(30歳男性/人事)

男性がデートプランを考えないのは、どうでもいい相手だからと考える女性は少なくないはず。

でも実際は、女性に楽しんでほしいからこそ、「詳しくない自分よりも彼女が行きたいところにしたい」と考えている男性も多いよう。

あなたが提案したデート中に「楽しいね」「こういうのイイね」と盛り上げたり、ごちそうしたりしてくれるなら、できる限りあなたを喜ばせようとしているサインと思っていいでしょう。

逆に、自分でプランを組まずにつまらなそうにしているなら、デート自体を面倒と思っているサインかもしれません。

前後の言動に好意が見える

それだけを切り取ると、脈なしのように見える男性の行動というものは存在します。

しかし、その言動の前後を見れば、隠れた本心が分かるかもしれませんよ。

彼が本当は大切に思っていることを見抜いて、その思いに応えてあげてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)