誰しも自分の気持ちや感情を、素直に表現できないことってありますよね。

とくに好きな人に対しては、恥ずかしさからついそっけなくなったり、冷たくなったりしてしまうようなケースもあります。

そこで今回は、男性がついやってしまう「感じ悪い言動」について紹介しましょう。

えっひどい…男性が本命女性についやってしまう「感じ悪い言動」

目を見て話せないから

会話をしていても視線をあまり合わせてくれなかったら、「私とは話したくないのかな……」なんて思うかも。

でも男性は、本気で好きな女性に対しては、緊張と恥ずかしさから目を見ることができなかったりもするもの。

体ごと明後日の方向を向いていたり、途中で話を聞くのを放棄したりするのであれば、恐らく本当に聞く気がない可能性も……。

そういったことはせずに、聞いていてはくれるけれど視線はほぼ合わないというケースは、照れ隠しからくる行動ですよ。

照れ隠しで興味がないフリを

好きな女性の話や行動には、もちろんものすごく興味があるもの。

でも、それを前面に出してしまうと、自分の思いや好意がダダ漏れに……。

そうなることを最も恐れているので、あえて全く興味がないようなフリをして見せたりするのです。

あまりに話に乗ってこなかったり、「へぇ」なんて軽い返事しかしないのに、会話自体はやめようとしないのなら、気になる気持ちを必死に隠しているはず。

人前だとそっけない態度に

2人きりのときは普通に接してくれるのに、人前になると急に冷たくなる。

それは恥ずかしさを隠すために、男性がよく取りがちな行動だと言えます。

「あの子のことが好きなんだな」と周囲に悟られたくないがために、あえて冷たい接し方になってしまうのでしょう。

とくに、共通の友達や同僚などの前では、冷やかされたり馬鹿にされたりしたくないという気持ちも強くなるので、より露骨に素っ気なくなったりもするものです。

上から目線になっちゃう

上から目線で偉そうに接してくるのは、自分をかっこよく、大きく見せようとしている行動でもあります。

あなたに「すごい」と思ってもらいたいがために、優しくない態度になってしまっているのでしょう。

偉そうに意見してはくるものの、あなたを助けようとしたり、手を貸してくれたりするのなら、それはほぼ間違いなく好意の表れですよ。

ただの批判なのか、あなたのためを思っての意見なのかをちゃんと冷静に判断すると、その男性の本心も見えてくるものです。

本命だからこそ素直になれず

態度が感じ悪いといっても、なにかと話しかけてくるならあなたのことが嫌いなわけではありません。

本当に好きではないなら、すぐにあなたから離れてしまうはずです。

好きだからこそ、なんだかヘンになってしまうことって男性にはよくあること。

まずはそれを理解してあげることが大事ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)