気になる男性から、自分に対する好意を感じなければ、「脈なしなのかな……」と諦めそうになる女性は少なくないと思います。

でもじつは、恋愛対象外から関係が始まっても、女性の言動次第で彼の本命になることだってあるんです。

そこで今回は、男性が女友達を恋愛対象として意識したきっかけを3つご紹介します。

脈なしから逆転!男性の中で「女友達が恋愛対象に変わった」きっかけ3つ

女性の変化に気づいた

「彼に振り向いてもらうために、自分改造計画をして、ダイエットや美容に気を配ったり、習い事を始めたりしましたね。

そしたら彼が『なんか変わったね』ってほめてくれて。それから少しして、片思いがようやく実りました」(26歳女性/営業)

自分磨きを重ねていくと、自然と自信が持てるようになり、内面の輝きが外見にもいい影響を与えていきます。

がむしゃらに彼にアプローチするよりも、ポジティブな変化に向けて努力を重ね、それに気づいてもらう方が効果的ということもあるでしょう。

心に余裕ができた

「気になっていた彼に勇気を出して告白したら、『いまは仕事に集中したいから』と玉砕してしまいました。

でも諦められなくて、半年後にもう一度告白したらまさかのOK!あとで聞いたら、当時は失恋したてだったり、大きなプロジェクトを担当したりと、恋愛って気分じゃなかったそうです」(25歳女性/接客)

「告白を断られた=脈なし」とは限りません。

気になる男性に恋愛するだけの心の余裕がなければ、好意はうれしくても応えられない、受け止められないということもあります。

一度の失敗で諦めず、時間をおいて再トライすることで、チャンスをものにできるかも。

同じ趣味で盛り上がった

「合コンでいいなと思った彼は、ほかの子を狙っていて諦めモードでした。でもグループで遊ぶうちに、お互い登山が趣味ってことが分かって、それからは登山話で意気投合するようになりました。

登山仲間として一緒に山に出かけることも増えて、自然と付き合い始めましたね」(28歳女性/事務)

友達としての付き合いが長すぎると、恋愛感情を抱けないという話はよく聞きますが、共通の趣味を持った仲間として仲良くしているうちに、彼に恋心が芽生えるということもあるんです。

また、初めから恋愛対象と見ていたのでは気づけなかった、友達という距離感だから伝わる魅力も存在するはず。

偶然趣味が同じと分かれば絶好のきっかけですが、事前にリサーチしておいてもいいでしょう。

共通の話題を作ることができれば、自然と距離を縮めることができますよね。

自分次第で本命になれる!

出会ってすぐに脈がないとしても、女性のふるまいによって彼が本命視し始めることだってあります。

諦めずに自分の魅力をアピールしていくことが、幸せな恋愛を実現しますよ。

また、彼が恋愛に前向きな状態かどうかを観察することも、本命を目指すうえでは大切なポイントでしょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)