好きな男性に自分の存在を意識してもらうためには、好意に気づいてもらうことが必須です。

でも、逆効果なアピールをしてしまうと、どんどんと避けられるようなことにもなるでしょう。

そこで今回は、男性がウンザリする女性からの「好きアピール」を紹介しますよ。

これはウザい…男性がドン引きする「やりすぎアピール」4つ

SNSでひたすら匂わせ投稿

恋をしているときは、その思いや気持ちをSNSに書き記したりもするかもしれません。

しかし、相手と付き合っているわけではない場合。

あまりにもあからさまに公開アピールをしたり、変に匂わせるような投稿をしまくったりすると、それが重荷になってしまう危険性が。

たとえば、2人でした会話の内容が書かれていたり、2ショットが勝手にあげられていたりしたら、ドン引きされてしまうかも……。

軽い気持ちで書いていたとしても、SNS上で目にするとそうは映らないこともある可能性があります。

さらには、ちょっと面倒な女性に見えることもあるかもしれません。

あまりプラスにならないアピールと言えるでしょう。

しつこく絡みつづける

本人はアピールのつもりでも、相手は「まとわりつかれて、しつこい」と感じている場合もあるようですね。

そうなってしまうと、アピールすればするほどイヤがられていく一方かもしれません。

何でも根掘り葉掘り聞こうとしたり、SNSにいいねやコメントをしまくったり……。

しつこくまとわりつかれている感があると、男性は必死に逃げたくなる傾向もあるようです。

ムダに騒いで存在アピール

好きな男性を前にしたら、思わずテンションが上がってしまう気持ちはよくわかります。

それに加えて、「好きな彼の前ではテンション高めにしてよろこばせてあげよう!」と意気込む女性もいることでしょう。

とはいえ、キャーキャーと大きな声で必要以上にはしゃがれたりすると、引いてしまう男性もいるみたい。

しかも、自分の身内がいるところでそんな行動を取られたら、人前で恥ずかしい思いをさせられている気分にもなるでしょう。

ドキドキソワソワしておかしくなりそうだったとしても、できるだけ落ち着いた態度を取ったほうが得策です。

「うるさいし、まともに話もできないなんて…」と敬遠されてしまいかねません。

高すぎるプレゼントを渡される

好きな男性の誕生日などにプレゼントをあげるのも、立派なアプローチのひとつ。

「おめでとう」と言われるだけよりも、一緒にプレゼントが添えられていたほうが、男性の感動だって絶対に何倍も大きくなるはず。

でも、それは親密な関係だからこそ。

まだそんな仲でもないのに、何万円もするハイブランドのアイテムなど、高価なプレゼントを貰うと戸惑ってしまうでしょう。

正直なところ、もらっても困るだけかもしれませんし、ちょっと怖さすら感じてしまいます。

段階の踏み方を間違えたプレゼントは、引かれる原因にも大いになり得ますよ。

やりすぎアピールは逆効果!

もちろん好きサインは女性からも適度に出していかなければ、恋は進展しません。

ただ、過度に行なってしまうと進展するどころか、男性には引かれる場合が多いです。

闇雲にアピールをするのはマイナスにしかなりませんので、気をつけてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)