いい感じだと思っていた彼が急によそよそしくなった……と悩んだことはありませんか?

もしかすると、男性が一瞬で冷めてしまう言動をしてしまった可能性があります。

そこで今回は、男性がアプローチしている女性に対して冷めてしまった瞬間をご紹介します。

好きだったのに…男性が一気に「冷めた瞬間」3選

酔っ払って愚痴を言い始めたとき

「ずっと気になっていた会社の先輩を、やっとの思いで食事に誘いました。お酒が進むにつれて、仕事の愚痴や上司への文句をダラダラと話し続けたため、最後は微妙な雰囲気でした。

凛とした姿が好きだったのに、もう誘わないだろうな」(28歳男性/事務)

酔っ払うと甘えるようになって、かわいらしい人もいる一方、残念な酔っ払い方になってしまう人もいるのが現実。

酔っ払って、つい本音や人に話すべきではないことまで話すと、男性から引かれてしまうことも。

気になる彼と食事や飲みに行くときは、お酒を飲みすぎないよう気を付けましょう。

お節介になってきたとき

「友人の紹介で仲良くなった女の子が、食事やデートを重ねるとだんだんお節介になってきました。

『もう!しっかりして』『だから○○って言ったじゃん!』とか、母親みたいなことばかり言われるので、冷めてしまいました」(30歳男性/自営業)

面倒見がいい女性を好む男性もいますが、子ども扱いしたり、お節介が過ぎたりする女性は嫌われてしまいます。

上から目線で叱るような発言をすると、男性はプライドを傷つけられ、また干渉されすぎていると、不快に思うでしょう。

普段から世話焼きタイプの女性は、少し気を付けたほうがいいでしょう。

仕事に理解がないような発言をしたとき

「合コンで知り合った女の子と、また飲みに行こう!と連絡先を交換しました。数日後、彼女からお誘いのLINEが来たのですが、仕事だったので断りました。

すると彼女からは『飲みに行く時間もないの?(笑)』と返信がきました。仕事を理解しようとしてくれない人は無理ですね」(32歳男性/営業)

相手のことを考えずに、自分の都合ばかりを押し付ける女性は嫌われてしまいます。

また、自分の一生懸命頑張っている仕事をないがしろにした発言をされると、男性は気持ちが冷めてしまうでしょう。

彼の仕事の都合は尊重して、お互いの予定を合わせることが重要です。

彼女になるために!

気になる彼と距離が近づいてくると、相手に対する配慮がおろそかになってしまうこともあるでしょう。

しかし、彼女になるまで気を抜かないように要注意です。

ぜひ参考にしてくださいね!

(愛カツ編集部)