普段弱みを見せず、仕事をこなしている男性でも、ときにはトラブルやミスが重なり、精神的につらくなることもあるでしょう。

そんなとき、職場の女性の言葉に癒やされることがあれば、特別な存在として意識し出すかもしれませんよね。

そこで今回は、男性が職場でときめいた女性の言葉を3つご紹介します。

職場でときめく!女性に掛けられて癒やされた言葉3選

ミスをプラスにしてくれる言葉

「仕事でミスしたことを話したら、同僚が『私もそう思ってたの!○○さんのおかげで、間違えずに済んだよ~ありがと』って、ポジティブに変えてくれてグッときました」(29歳男性/金融)

一度のミスから立ち直るのに、時間がかかってしまう男性もいます。

でも、そんなときに、自分のミスが単なる失敗ではなかったと、ポジティブに解釈できる言葉をかけてくれる女性には、心をつかまれるでしょう。

「この人と一緒なら頑張れる」と思われたら、2人の関係も一気に深まりそうですよね。

「頼っていいよ」

「『私のこと頼っていいよ』って言われて、一緒に働けてよかったなって思ったことあります。冗談交じりな言い方だったけど、嬉しかった!」(26歳男性/美容師)

とくに年下の男性は、頼もしい言葉をかけてくれる女性にグッときやすいはず。

自分を支えてくれる人がそばにいると思うと、それだけで心強く感じ、結果としていつも以上の力を発揮できるということも。

弱い姿を見せることを嫌う男性には、冗談っぽく伝えることで、受け入れやすくなるかもしれません。

「一緒に頑張ろう!」

「やっぱり『一緒に頑張ろう!』って言われたら、めっちゃやる気出ますね。1人じゃないって思うのと、負けたくないって思う気持ちがみなぎってきます」(28歳男性/公務員)

励まし方としてはベタですが、シンプルゆえに心に響きやすいフレーズでしょう。

ただし、好印象を強く残したいのなら、タイミングや伝える距離など、工夫が必要になります。

また、負けず嫌いな男性なら、「一緒に頑張ろう」と言った同期の女性に対して、対抗心を燃やすこともあるはず。

このライバル意識が、彼が頑張るための原動力になるかもしれませんよ。

癒やしを重ねて

同じ職場に気になる男性がいる場合、日常的に顔を合わせるからこそ、刺さる気遣いの傾向もある程度分かっているでしょう。

彼のタイプに合わせて、効果的なタイミングで心を癒やしていきましょう。

回数を重ねていけば、「この子ともっと一緒にいたい」と思われ始めるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)