気になる彼がいるけど、また距離がちょっと遠い……。

でも、闇雲にアプローチして彼に嫌われたくない!そんな女性も多いはず。

まずは焦らず、できるところから始めましょう。

そこで今回は、意中の男性に「好感を持ってもらう」方法を4つご紹介しますね。

絶対付き合いたい…片思いの彼に【好感を与える】4つの方法

LINEは必要なときだけ!

意中の彼とは、距離を縮めるためにマメにLINEをやり取りしたい女性もいるはずです。

でも、脈ありかわからない段階で、とくに用のないメッセージを連投するのは危険。

まだ2人の関係が浅いうちは、「またLINEきたよ……しつこいなあ」なんて思われているかもしれません。

そのため、まだ彼の気持ちが読めないうちは、彼の反応を踏まえてからリアクションするほうがいいでしょう。

彼に頼りすぎない!

意中の彼を振り向かせるために「頼って甘える」とも言われますが、これは彼のタイプや関係性、内容次第です。

付き合ってからならOKということも、付き合う前はNGになることだってあります。

そのため自分でできることは、できるだけ自分でやるというのが、彼に好感を与えるポイント。

ただもし自分では難しいことかつ、彼の得意分野のことならば、たまに頼るのはアリですよ。

いつでも礼儀正しく!

意中の彼と接するとき、もしかしたら緊張や照れ隠しのためにフランクな態度をとっていませんか?

その様子を見て「馴れ馴れしい」と受け取る男性もいるようです。

彼の性格にもよりますが、まだ関係が浅いうちは敬語を使うなど、礼儀正しさを意識したほうが安全です。

基本的に駆け引きはしない!

意中の彼との関係を進展させるために、「嫉妬心」を煽るような駆け引きをする女性もいるでしょう。

たとえば他の異性を褒めたり、他の異性に言い寄られていることをアピールしたり……。

しかし、男性のタイプによっては「じゃあそいつと付き合えば?」とイラついてしまうことがあるようです。

もし彼に「自分よりほかの男性のことが気になっている」とで受け取られてしまうと、一気に彼が冷めてしまうことも……。

もちろん「ほかの男にとられる前に!」と告白してくれる男性もいるかもしれません。

しかしやり方次第、また彼次第では逆効果になるリスクもあるので要注意です。

人としての節度を大切に

よく見るアプローチ法や恋愛テクニックは、その使い方や彼のタイプによって、逆効果になることが……。

彼の恋愛傾向がまだわからないうちは、礼儀正しくして「ちゃんとした女性」をアピールしておいた方がいいでしょう。

今回ご紹介したポイントに留意しつつ、彼のタイプを見極めて、恋を確実なものにしてくださいね!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)