自分は楽しかったし、彼も楽しんでくれたと思っていたのに、次のデートの誘いがない……なんてことは避けたいですよね。

気付いていないだけで、なにげない言動が相手の男性を不快にさせていたら、距離を縮めるどころか遠ざかってしまいます。

そこで今回は、女性がデートでやりがちな、男性をイラつかせる言動をご紹介します。

意外とやりがち…男性がイライラするデート中の女性の言動

自分の理想のふるまいを要求する

自分が思う理想の男性像を押し付けて、「男ならリードしてよ~」「男ならハッキリいって!」と言うのは絶対にNG。

冗談っぽく数回程度なら、まだユーモアとして受け取ってもらえるかもしれませんが、度を超せば関係が壊れてもおかしくありません。

彼に要望や理想を伝えるときは、相手の不安や緊張を気遣ったうえで、「○○してもらえたらうれしいな」と提案するのがおすすめです。

男性が待っているのに電話

デート中、男性を待たせてしまいやすいポイントのひとつが、トイレ休憩でしょう。

それ自体は仕方のないことですが、トイレから電話しながら出てきたら、待たされた男性の印象は悪くなって当間ですよね。

トイレを出たら、少し駆け足で彼の方に向かい、「おまたせ~!」と一言加えれば、かわいらしく見えるうえに気遣いもできる印象になるはずですよ。

ひんぱんに立ち止まる

デート中は歩きながら見つけたものを話題に、いろいろな会話が楽しめるもの。

しかし、「ねぇねぇ!あれ見て!」と立ち止まる回数があまりに多ければ、相手の男性は不快に感じるでしょう。

また、友達からのLINEに返信しようとして、スマホをいじりながら「ちょっと待って!」と呼び止めるのも、自分との時間を特別に思っていないと思われかねません。

どうしてもすぐに返す必要があるときは、手早く返信して、一言「ごめんね」を忘れずに。

男性に話をさせない

女性が自分に向かって楽しそうに話している姿は、男性としてもうれしいものですが、一方的すぎて自分の話をさせてもらえないのは、さすがにいい気分ではないはず。

とくに、相手の話題をさえぎってまで、自分の話をしようとするのは考えものです。

また、男性は会話の流れに沿って話題が変わっていくことを好むので、突然関係のない話を突っ込むようなトークは控えましょう。

ひとつの話題について、じっくり掘り下げるような会話の方が、男性の印象はよくなりますよ。

お互いの気遣いで素敵な時間に

デートは、お互いのことをよく知って、より深い関係を築くためのもの。

同じ中身の言動でも、少し伝え方を変えるだけで、印象はまったく違うものになります。

相手の感じ方を意識して、丁寧なコミュニケーションを心掛ければ、2人にとって最高の時間になるかもしれませんよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)