その人のすべてを知っているつもりでいても、実際はただの一面にすぎなかった……なんてことは、よくある話なのだとか。

相手のことを知り尽くせないとしても、いろいろな面を知っておきたいと思う人は多いのではないでしょうか。

今回は、男性の星座別に、誰も知らない「裏の顔」を占いました。

まずは前編として、おひつじ座からおとめ座までのご紹介です。

【前編】男性の星座別!ちょいブラック?誰も知らない「裏の顔」とは

おひつじ座(3/21〜4/19)の男性

【いじけやすい】

さっぱりしていて、比較的ポジティブなおひつじ座の男性。

ですが、結構いじけやすい部分も持っています。

精神的には12星座のなかでもかなり幼い方なので、特別扱いをしてもらえないと幼稚園児のように拗ねたりすることも。

おうし座(4/20〜5/20)の男性

【頑固で鈍感】

おっとりしていて現実主義なおうし座の男性。

じつは超絶頑固で鈍感なところがあります。

身内や恋人に自己中心的に振る舞ったり、他人の気持ちが読めないため相手をイライラさせたりすることも多いみたい。

ふたご座(5/21〜6/21)の男性

【不誠実で逃げ腰】

話し上手で頭の回転が早い、ふたご座の男性。

ただ、誠実性や正義感が弱く、気分次第で嘘をついたり、聞こえないフリをしたり、突如音信不通になることもあるようです。

かに座(6/22〜7/22)の男性

【ヒステリック】

穏やかで優しいかに座の男性ですが、じつは感情に支配をされやすいタイプ。

感情がたかぶったらヒステリーを起こし、手がつけられなくなるかもしれません。

しし座(7/23〜8/22)の男性

【凹みやすい】

王様気質なしし座の男性。

打たれ強く見えて案外打たれ弱く、ささいなことでもひっそりとへこむことも。

タフで強い人を装いつつ、じつは結構繊細で気にしがちなんです。

おとめ座(8/23〜9/22)の男性

【相手次第で超ドライ】

困っている人を放って置けない、正義感が強いおとめ座の男性。

ですが、相手次第では超無関心になったり、辛辣な言動をとったりと手厳しい態度になることも。

甘えすぎると痛い目を見るかもしれません。

見えていない部分があるのかも

どれだけ好きな相手だったとしても、信じられなかったり受け入れられなかったりする一面を秘めている可能性も。

それも含めて愛せるのならいいですが、無理をしなければならない場合は要注意です。

ときには離れることも、自分を守るためには必要になってくるかもしれませんよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座の男性の「裏の顔」は?