その人のすべてを知っているつもりでいても、実際はただの一面にすぎなかった……なんてことは、よくある話なのだとか。

相手のことを知り尽くせないとしても、いろいろな面を知っておきたいと思う人は多いのではないでしょうか。

今回は、男性の星座別に、誰も知らない「裏の顔」を占いました。

前編に引き続き、てんびん座からうお座までのご紹介です。

【後編】男性の星座別!ちょいブラック?誰も知らない「裏の顔」とは

てんびん座(9/23~10/23)の男性

【だらしない】

いつもジェントルな振る舞いで、身だしなみに気を遣っているてんびん座の男性。

美意識が高そうですが、それは表の顔で、家ではだらしないという一面も持っているかも。

さそり座(10/24~11/22)の男性

【ネガティブ】

プライドが高く、向上心があり、とても真面目なさそり座の男性。

一見前向きで強く見えますが、実際はマイナス思考に偏りがちになることも。

人知れずあれこれウジウジ悩んでいたりします。

いて座(11/23~12/21)の男性

【マウントをとりがち】

勉強家で開放的な、いて座の男性。

さっぱりした性格と思いきや、見栄っ張りな部分がありそう。

しれっとマウントを取って、周囲をピリつかせることも。

やぎ座(12/22~1/19)の男性

【かまってちゃん】

仕事人間な傾向がある、やぎ座の男性。

孤独に強いともいわれていますが、案外かまってちゃんだったりすることも。

ただ感情をうまく表現できないので、素直にかまってアピールをすることは苦手なようです。

あまのじゃくなアピールになり、理解されずに終わることもあるみたい。

みずがめ座(1/20~2/18)の男性

【束縛気質】

自由主義者なみずがめ座の男性。

自分の自由のために相手の自由も尊重するタイプですが、恋愛となると束縛しがちに。

自分は束縛されたくないけど、相手の行動を気にしてしまう……と葛藤することもあるようです。

うお座(2/19~3/20)の男性

【愚痴っぽい】

素直で優しいイメージが強い、うお座の男性。

ですが結構腹黒く、裏では愚痴をこぼすことも。

いやな思いをすることがあれば、引きずり、誰かに共感してほしいと思うので、つい愚痴っぽくなってしまうのだとか。

見えていない部分があるのかも

どれだけ好きな相手だったとしても、信じられなかったり受け入れられなかったりする一面を秘めている可能性も。

それも含めて愛せるのならいいですが、無理をしなければならない場合は要注意です。

ときには離れることも、自分を守るためには必要になってくるかもしれませんよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)