気になる男性とのLINEでは、つい気を遣いすぎて空回りしてしまう方もいるのではないでしょうか。

モテる女性はどんなときでも、誰が相手でも、気の利いた対応ができる傾向があります。

今回は、好感度が高い「モテLINE」の特徴を4つご紹介します。

負担にならない!好感度が高い「モテLINE」の特徴4つ

絵文字を取り入れる

文章のみでのやり取りがメインのLINEでは、事務的な印象を与えやすいもの。

文末に絵文字を取り入れれば、明るく親しみやすく感じてもらえる可能性があります。

ただ、うっかりすると「好き」があふれて、絵文字が多くなることもあるので要注意!

多すぎる絵文字は、彼にとってプレッシャーになってしまうかもしれません。

相手が絵文字を使う量や頻度に合わせるのもいいでしょう。

わかりやすい

モテLINEは、きちんと双方でコミュニケーションが取れていることが多いです。

自分の話のなかに相手が興味を持ちそうな話題を混ぜたり、相手の話を上手に引き出したり。

一方的な報告ではなく、相手にどうしてほしいのかを示せるといいですね。

「○○行ったよ!」のあとには「行ったことある?」や「これ好きって言ってなかったけ?」と付け足すだけでも、一気に返信しやすくなります。

伝わりにくい文章でのやり取りだからこそ、わかりやすい話題や表現を選ぶようにしましょう。

返信ペースが同じ

男性のなかには、返信ペースが合わない人とのLINEが苦痛に感じるという人も。

返信したとたんにまた返信が来たり、まだ既読を付けていないのに追撃LINEを送られると、不快感をおぼ出るのだとか。

自分の気持ちだけを優先したり、駆け引きしたりしようとするのはNG。

彼の返信ペースに合わせるようにすると、それだけでも負担が軽減されるはずですよ。

ネットスラングを多用しない

「クソワロタ」「草」「www」などのネットスラングを使う女性に、嫌悪感を抱く男性もいるようです。

友達とのやり取りだけならまだしも、出会ったばかりの男性に送るのは要注意。

普段から控えておいた方が、いざというときにも安心できるかもしれませんね。

まずは王道モテから入るのもアリ!

相手に嘘をついたり自分を隠したりする必要はありませんが、全てをさらけ出せばいいわけでもありません。

素を出しすぎないことが、モテにつながる可能性もあります。

まずはじっくり距離を縮めながら、少しずつ素を見せていくのも、あなたを魅力的に映すことになるかもしれませんよ。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)