男性が、自分に対して抱いている好意を目に見える形で示してくれたら、関係を進展させやすいと思う女性は多いでしょう。

でも実際は、一目ではそれがゾッコンのサインとは思えないような、分かりにくい言動をする男性もいます。

そこで今回は、男性の星座別に、べた惚れしている女性にする言動を占いました。

前編に引き続き、後編のご紹介です♡

【後編】男性の星座別!大好きな女性だけに見せるべた惚れサインって?

てんびん座(9/23~10/23)

【プライベートについて知りたがる】

てんびん座の男性は、もともと気配り上手な人が多く、そつのない行動が自然にできるタイプです。

そのため、彼のべた惚れのサインを見抜くのは至難の業かもしれません。

でも、自分にだけお菓子をくれたり、2人きりのタイミングで「休日はなにしてるの?」とプライベートについて聞いたりするなら、たしかな好意の証でしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【会話の内容を覚えている】

恋愛には慎重だけれど、心の中に熱い情熱を秘めているさそり座の男性。

大好きな女性との会話なら、どんなささいなことでも覚えていて、把握した女性の好みの場所に連れていくこともあるはず。

あなたと話すときだけ、ちょっとした冗談を織り交ぜて、笑わせようと努力することもあるかも。

いて座(11/22~12/21)

【彼氏がいるか聞く】

いて座の男性は、溺愛する女性への思いがあふれやすいタイプです。

一度惚れると、すぐに彼氏の有無を確認してくるでしょう。

そのほかにも、積極的に遊びに誘ったり、ちょっとしたわがままも「いいよ」と受け止めてくれたりと、明らかな特別扱いをしがち。

やぎ座(12/22~1/19)

【用がないのに連絡】

文面でのやり取りが苦手な傾向にある男性は多いですが、やぎ座の男性の場合、心底惚れた女性には積極的に連絡するよう。

とはいえ、なにか頼み事や話題があってメッセージを送るというより、用がないのに「いまなにしてる?」と聞いてくるみたい。

少しでも長くつながっていたいという思いが、行動にはっきり表れてしまうのかもしれません。

みずがめ座(1/20~2/18)

【2人だけの時間を作る】

みずがめ座の男性は、性別に関係なくフランクに接するのが特徴。

友達付き合いの延長のような、グループでの交流も多いでしょう。

でも、そんな彼が2人きりの時間を作ろうとするなら、べた惚れしている証拠と言えるはずです。

うお座(2/19~3/20)

【優先度を上げる】

どんなときでも大好きな女性優先で行動するのが、うお座の男性。

デートの時期や行き先を女性の希望に合わせるだけでなく、仕事の合間にも会う時間を作ろうとすることも。

べた惚れした女性のためなら多少の無理を平気でこなしてしまうので、女性側がブレーキを踏んであげることも必要かもしれませんよ。

好意は言動に表れるもの

全ての男性が、同じようなべた惚れのサインを見せるとは限りませんが、人の行動には必ず理由が存在します。

ひとつひとつは目的が分からない言動でも、組み合わせて考えてみると、そこにたしかな好意が読み取れるということも。

彼の愛情に気づいて、2人の関係をより深いものにしましょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)