何度かデートを重ねると、「今日はなにかあるかも?」と思うときもあるでしょう。

じつは男性のなかには、「今日のデートで告白しよう!」と思っているときに決まった態度を見せる人もいるようです。

実際の声をもとに、「男性が見せがちな告白直前の態度」をご紹介します。

告白直前!男性が好きな人に見せる「態度の変化」4選

急に黙る

「今、告白するぞ!ってときは、緊張するし黙っちゃうかも……。
でも、女の子から『どうしたの?』って聞いてくれると、きっかけになって言いやすいっていうのはある」(26歳男性/教育)

大事な話をする前は誰だって緊張するもの。

数分前まで楽しく話していたのに、急に彼が無口になったときは、なにか決意を固めているときかもしれません。

そんなときは、「どうしたの?」と声をかけてみてくださいね。

イライラしたり、「私なんかした?」など怒ったりするのはNGですよ。

いつも以上に良く見せようとする

「自分の推しポイントというか、長所だと思うところをさりげなくプレゼンしたい感じはありますね。
仕事頑張ってるとか、筋肉あるとか……。そういう自慢っぽい話をちょっとしちゃうかも。
あと、今日は告ろう!と思ってるデートだと、割り勘にはしないなあ。
普段よりちょっと気前イイ感じになりますよ」(24歳男性/商社)

告白前に、自分を良く見せようとするのは自然なことかもしれません。

「いい雰囲気なのになんか今日は自慢っぽいな」とイライラしていたら、帰りに告白されたという女性もいるようです。

普段は割り勘なのにおごってきたり、自慢話が増えてきたりしたら、まずは男性の話に耳を傾けてみてくださいね。

数か月先になりそうなデートの話をする

「告白しようと思うときは、近い未来の話をしちゃうかな。
『冬は一緒にイルミネーションを見にいこうよ』とか……。
そこで反応が薄かったら、告っても多分ダメでしょ」(25歳男性/公務員)

男性のなかには、デート前から脈ありかどうかを判断する人もいます。

あえて数か月先の未来の話をすることで、自分への関心度を測っているそうです。

もしもそんな話をされたら、スルーせずに興味を持って聞いてみましょう。

人が少ないところでデート

「いよいよ言うぞ……というときは、2人になれるところに行きますね。
夕方の公園とか、食事デートで言うなら、その日のお店は個室にしたりとか。
注目されたくないし、彼女の気が散るのも避けたい。
あと、万一失敗しても、人目がなければ耐えられるかな」(28歳男性/人材サービス)

告白を決意した日のデートは、なるべく人が少ない場所を選ぶようです。

もしくはデート終盤にかけて、2人きりになれる場所に移動するみたい。

たとえば食事デートの後「少し散歩しない?」と声をかけられたら、告白しようと思っているかもしれません。

そんなとき、「疲れたから嫌だ」なんて断らないように気をつけてくださいね。

告白前は誰でも緊張する!

告白前にいつもは見せない態度を見せるのは、緊張しているからこそ。

緊張している相手に対して、こちらも緊張したり、イライラしたりしないように気をつけましょう。

こちらは、「緊張しているのかな?」と余裕のある態度を見せてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)