女性からあれこれ尽くされると「重い」と感じる男性って意外と多いです。

でも、彼の負担にならないいい塩梅だと、「いい子だな!」と好感を持ってくれるよう。

そこで今回は、男性の心をつかむ気遣いの方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

効果抜群!男性の負担にならない「気遣い」の方法4つ

お礼にちょっとしたものを渡す

「食事デートでおごったら、『じゃあタバコをプレゼントします!』って帰り道のコンビニでタバコ2箱買ってくれた。

ただ『ごちそうさま』だけじゃなくちょっとしたお礼があると奢った甲斐もあるよね」(30歳男性/IT)

「本気で口説きたくて、食事も映画も全部奢ったら、次のデートで『この前ありがとうね!』ってかわいいクッキーを買って持ってきてくれた」(32歳男性/広告)

ただおごってもらうだけなく、ちょっとしたお礼があると男性もおごってよかった!と思い、またおごりたいと思うもの。

高価なモノでなくていいので、お礼の気持ちを表現してみて。

相手の趣味に関心を持つ

「好きな漫画の話を聞いてくれただけじゃなく、実際に『1話から一気に観てる!』って連絡もらったときはうれしかった」(27歳男性/金融)

相手が興味を持っていることに興味を持とうとするのも、気遣いと言えるでしょう。

つまらなさそうに聞かれるよりも、楽しそうに聞いてくれた方が男性としてもうれしいもの。

あえて放置してくれる

「普段はかまってと甘えてくる彼女が、仕事が忙しい時期はそっとしておいてくれた。

空気が読めるというか、こちらの状況に応じて対応を変えられるんだなと。仕事の邪魔をしない彼女って最高だと思う」(27歳男性/IT)

「なにかをする」 のではなく、「なにもしない」のも立派な気遣いです。

彼が忙しそうなときに、しつこく連絡したりするのではなく、彼が落ち着くまでそっとしておくのも優しさですよ。

先回りして飲み物を用意

「ドライブデートで彼女を待ち合わせ場所に車で迎えに行ったとき、近くのカフェでコーヒーを2つ買っといてくれた。

ちょっとした気遣いってすごくキュンとするし、『この子は気の利く子なんだな』って思う」(28歳男性/保険)

彼がいつもなにを飲むか知っているのなら、ドライブデートなどの際、先回りでドリンクを買うのも素敵な気遣い。

尽くすのではなく、先回りくらいの行動くらいが重くなく、受け取りやすいでしょう。

彼の状況をよくチェック!

自己満足ではない、彼のことを考えての行動が男性としてはうれしいもの。

普段からちょっとしたことを気にかけるだけでも、男性からは「気遣いできる子」だと感じられ好感度も上がりますよ。

気になる男性がいるあなたは、ぜひ今回ご紹介した行動を実践してみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)