いま好きな男性との交際や結婚を考えるうえでは、2人の相性が重要だと考える人は少なくないと思います。

でも、お互いが好意に満ちている状態では、彼との本当の相性を判断するのは難しいでしょう。

そこで今回は、彼との関係を長続きさせられるかを確かめるポイントを3つご紹介します。

相性を確かめて!気になる彼と長続きするかを見極める3つのポイント

相手の本心が想像できるか

相性がいい相手とは、お互いの考えがなんとなくでも分かるもの。

たとえば、病気になって入院した彼が「大したことないから来なくていいよ」と言った場合。

いままでの付き合いから、彼が本音で来てほしくないというタイプか、それとも心配させたくないから強がっているのか、あるいは本心では寂しがっているのか。

気になる男性の考えを想像し、それに沿った行動が思いつくなら、それは相性がいい証拠なのかもしれませんね。

許容できない部分があるか

仲のいいカップルと言っても、どうしても「理解できない」「許せない」ポイントがある場合も考えられます。

禁煙してくれない、ほかの女性との関わり方が気になる、靴下を脱ぎっぱなしにするのが我慢できないなど、様々ありえるでしょう。

これについて、女性が改善を求めても、なんだかんだと理由をつけてそのままにするなら、将来的に大きな溝が生まれる可能性は捨てきれません。

どちらかが不満を抱えたまま一緒にいるよりは、一度きちんと話し合うか、関係を見直すことをおすすめしますよ。

2人で過ごす時間に無理があるか

気になる男性と一緒にいるときに、お互いが無理をする必要がないというのは、それだけで相性がいい証と言えます。

デートの後に疲れが勝つのか、それとも「楽しかった」の方が強いのか。

これによって、2人の時間をリラックスして過ごせているか、逆に無意識のうちに負担がかかっているのかが分かるでしょう。

交際し、結婚するということは、いままでよりも長い時間を彼と一緒に過ごすということ。

そこでどちらかが無理をしていれば、いずれ限界が来てもおかしくありません。

お互いが同じように楽しめることが、いい関係を長続きさせるために必要なことですよ。

相性はあくまで要素のひとつ

たしかに、結婚や交際の相手を決めるうえでは、2人の相性は重要な要素かもしれません。

とはいえ、それが許容しきれないほどのずれなのか、お互いにすり合わせる努力ができるのかなど、客観的な相性だけでは、人と人との関係を決めることはできないでしょう。

あなたが彼と一緒にいることをどう思っているのか、その主観的な評価も大切にしてくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)