男性のなかには、自分の思いを言葉で伝えるのが苦手な人もいます。

そんな彼らも、好きな人の前ではなにもしないなんてことはなく、代わりに行動で気持ちを示すことが多いのだとか。

今回は、男性が好きな人にだけ見せる「脈ありサイン」を3つご紹介します。

パッと見ただけでわかるものばかりなので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

見るだけでわかる!男性が好きな人にだけ見せる「脈ありサイン」3つ

瞳孔が開く

好きな人やものを見るとき、瞳孔が開く傾向があります。

目が合ったときに彼の瞳孔が広がったなら、多少なりとも自分に好意があると考えてもいいでしょう。

しかし、じっと彼の目を観察するのは難しいと感じる人もいるはず。

デートの待ち合わせや向かい合わせで座っているときなどに意識してみると、彼の気持ちがわかるかもしれません。

体ごと向きを変える

芸能人の熱愛スクープなどで、1枚の写真を見ただけで「これは男性が彼女にゾッコンなんだろうな」と思うことはありませんか?

会話が聞こえるわけでもないのにそう感じるのは、男性のの顔や体がしっかり女性側に向いているかどうかが関係しているのかも。

このような状態を心理学では「ブックエンド効果」と呼ぶそう。

たしかに人って本当に興味がなくなると、話していても、顔は相手を向いていない……なんてこともあります。

彼と会話をしているとき、顔や体の向きに注目してみましょう。

片方の肩が下がる

アメリカの心理学者メラビアンが行った実験によると、男性は好きな女性をイメージすると、どちらか一方の肩が下がるのだそう。

普段なかなか目を向けない場所なので、意識したことがない人も多いかもしれませんね。

もし彼があなたと話しているとき、肩が下がってリラックスしているようであれば、心を開いてくれているサインと考えてもよさそうですね。

彼の気持ちを知りたいのなら

誰にでも平等に接するのは、意外と難しいもの。

好きな人相手には特別扱いする人も少なくありません。

直接彼の気持ちを聞き出せないときには、彼の見た目から脈の有無を探ってみるのもいいかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)