デート中に、突然話が途切れ、無言の時間続いてしまうこともあると思います。

少し微妙な雰囲気になってしまいがちですが、じつはこの状況が必ずしも悪いことではないのだとか。

そこで今回は、デート中の「無言タイム」に男性が考えていることをご紹介します。

デート中の「無言タイム」に男性が考えていること

話題を絞り出そうとしている

そもそも、話すことに自信がない男性は少なくないよう。

沈黙が続くと相手が退屈になってしまうとわかっているけど、女性と2人きりでなにを話せばいいのか……。

このように考え込んだ結果、黙ってしまうというケースがあるよう。

きっと、これに当てはまる男性なら、内心かなり焦っているはず。

しかしこれは、彼があなたを楽しませようと思っているからこその沈黙。

もしこのパターンだと感じたら、シンプルな質問をしたり、のんびりした何気ない話が楽しいことを伝えたりしていきましょう。

相手を意識して緊張している

デートをしている相手を意識しすぎたため、意識を女性から逸らして緊張をほぐそうとしている可能性もあります。

最初のうちは仕方ないかもしれませんが、意識してもらえるのはうれしいことですね。

ぐいぐい押して、自分のペースにするより、ゆっくり会話を続けましょう。

お互いが緊張しすぎない仲になれば、2人の関係は順調といえるはず。

無言の時間が苦ではない

会話がなくても、好きな相手のそばにいるだけで幸せだと感じる男性もいるよう。

無言でも、退屈そうに「もう帰ろうか?」などと言ってこない男性はこのケースかも。

難しく考えず、一緒にボーっとできる時間を楽しみましょう。

とはいえ、好きな相手と話したくないわけではないので、話したいと思うことがあるなら会話をしてもいいでしょう。

大好きな人の話なら、聞いているだけでも楽しんでくれているはずです。

無言の時間も楽しんで!

無言の時間があると、不安になる人も多く、つい否定的な予感をしてしまいがち。

しかし、今回ご紹介したように、無言が必ずしも悪いわけではありません。

彼とデートができていることに自信を持って、2人きりの時間を楽しみましょう!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)