大好きな彼を独り占めしたいという気持ちが強すぎると、ときに愛ゆえの行動が窮屈な思いをさせることも。

やりすぎれば、別れの原因になってもおかしくありません。

そこで今回は、女性に悪意がなくても、男性が束縛されていると感じる言動を3つご紹介します。

じつは苦しんでいるかも…愛情表現のつもりが男性に束縛と思われる女性の言動

SNSを高い頻度でチェック

「撮った写真をSNSにアップすることがあるんですけど、フォロワーも少ないし、『いいね』なんかもあまり付かないのに、彼女がそれによくコメントしてくるんです。
当然、ほかの人にも見られるわけじゃないですか。
なんか、あんまり気分よくないんですよね」(27歳男性/ドライバー)

彼女としては、むしろよかれと思って、応援しているくらいのつもりでやっていることかもしれません。

しかし、男性としては監視や束縛、あるいは周りへのけん制のように感じられる場合もある行為です。

突然LINEで「いまなにしてるの?」

「彼女が、突然『いまなにしてるの?』とLINEしてくることがよくあるんですけど、なんか疑われているのかな……って感じがしてしまって、あまりいい気はしないです。
またか……と、返信するのもちょっと面倒臭く感じますね」(25歳男性/飲食店)

彼の行動が気になる女性もいるかもしれませんが、そもそも動向を気にすること自体、疑われているように思ってもおかしくありません。

どうしても送りたくなったら、「会いたくなっちゃって」などの一言を付け加えれば、束縛から甘えに印象を変えられるのではないでしょうか。

空いている休日に予定を詰め込む

「月の半ばになると、彼女が来月の予定を聞いてくるんです。
それで、空いている日にどんどん予定を入れられて、土日はほとんど埋まってしまいます。
僕としては、友達と会う時間なんかも欲しいんだけど、なかなか作りづらくて……」(25歳男性/アパレル販売)

まず、予定をすべて把握しようとすることに、不快感を覚える男性は少なくないはずです。

さらに、いくら彼女とはいえ、予定のない休日を全て埋められれば、息苦しさを感じる可能性は十分にあります。

スケジュールに余裕を持たせて、彼の自由な時間を保つことも、関係を長続きさせるためには必要ですよ。

彼に安心感を

女性にとっては善意で行っている、少なくとも悪意はない言動に、男性が窮屈さを感じるということはあります。

恋人とは言っても、好意の押し付けは相手の負担になるだけでしょう。

グイグイと押すのではなく、ふんわりと包み込むような、安心感を与えるアプローチを意識してみてください。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)