恋をすると心が弾み、フワフワと浮いたような心持ちになりますよね。

しかし、じつはそこに油断が生じることも少なくありません。

そんなときは、どうすればいいのでしょうか。

この記事では、誕生月別に「この夏に注意すべき恋の罠」をご紹介いたします。

さっそく、あなたの生まれ月をチェックしてみましょう!

誕生月で占う!この夏に注意すべき「恋の罠」

1月生まれ

【異性関係のトラブルに注意】

異性関係のトラブルに巻き込まれてしまいがち。

自身の身を守るためにも、思ってもないことは「違う」とハッキリ言いましょう。

曖昧な態度は問題を大きくしてしまいます。

意中の相手の悪い噂が聞こえてきてもそれはただの噂です。

安易に信じてはいけません。

2月生まれ

【振り回されそう】

気になる人にはなにかと振り回されそうなシーズンです。

度を越えた無理難題は「受け入れられない」と断ることも大切です。

相手のわがままを聞くよりも、自分の意思を尊重すべき。

身の回りの整理整頓をして気持ちを落ち着かせてみましょう。

3月生まれ

【肉食系に迫られる】

少し恋するパワーに欠けているので、周囲からいいエネルギーを分けてもらいましょう。

自分のタイプじゃない、押しの強い相手に困らされることもありそうですが、臆することなく毅然とした態度でいることで、運気を上げることができるでしょう。

4月生まれ

【言葉選びに注意を】

この時期の恋愛は、ひと波乱ありそうな空気があります。

しかし、周囲の人と気持ちを合わせることで問題を解決できるでしょう。

軽いひとことが予想外の捉えられ方をする可能性がありますので、言葉選びは普段より慎重に。

5月生まれ

【ひとりよがりになってしまう】

このシーズンは、少しひとりよがりな面が出てしまうかもしれません。

また、相手の考え方や状況を無視して自分の独断で突っ走ってしまうことがありそうです。

多少恋のトラブルが起きやすいので、周りの様子を注意深く観察することが大事です。

6月生まれ

【SNSの使い方に注意を】

SNSやメールでの連絡は意外な揉めごとを生んでしまうかもしれないため、言葉の扱いには注意を。

シングルの人は、相手に重たいアピールをしてしまうと逃げられる傾向があります。

むしろ軽やかな態度でいるほうがいいでしょう。

7月生まれ

【相手に押し付けないように】

恋愛において、自分の意見やルールを通しすぎると悪循環に陥りがち。

気になる異性に対しては、押してダメなら引いてみること。

一般論に惑わされずに柔軟な対応をすることが肝心です。

相手のペースも考えながら行動しましょう。

8月生まれ

【自分と向き合うべき】

この時期はじっくり自分と向き合ったり、過去の出来事を見つめ直すといいでしょう。

これまでの恋愛パターンから、あなたがどうすればうまくいき、どうすればダメになっていたか分析すると◎。

それを活かした行動をとるようにすれば恋愛もうまくいくはず。

9月生まれ

【秘密の関係を持ってしまいそう】

人に隠れて誰かと秘密を持ってしまいそうなシーズン。

秘めた関係も素敵なものではありますが、うしろめたいことは避けたほうが無難です。

できるだけ明るい気分でいられるように心がけましょう。

このシーズンに近付いてくる異性は要注意です。

10月生まれ

【すれ違いが起きそう】

いつもは仲良くできるあの人と、この時期はなぜかすれ違ってしまうかも。

しかしこんな日もときにはあると、あまり気にしないことが大事です。

あれこれ詮索するのはNG。

今はそっとしておきましょう。

そのうち気が変わってなにごともなかったかのように言葉を交わせるようになるはずです。

11月生まれ

【避けられてしまう恐れが】

好きな人に会いたいのになぜか避けられてしまうシーズン。

無理に会おうと追いかけても徒労に終わってしまう恐れも。

こんなときは自分磨きに徹しましょう。

鏡をよく見て身だしなみを整えたり、ファッションセンスを磨いたりしましょう。

地道な努力が恋愛運アップのきっかけになるでしょう。

12月生まれ

【ネガティブに思い詰めてしまう】

気持ちが下降気味で、恋愛についてもネガティブなことを考えてしまいがちなシーズンです。

しかし、あなたの考え方一つでどんな状況でも幸せになれることを忘れないで。

発想を変えて好きな人になにをしてあげたらいいのか、じっくりと考えてみましょう。

「恋の罠」に注意!

恋の喜びは必ず他人からやってくる反面、恋の罠も他人からやってきます。

恋愛を喜びとするか悲しみとするか、それは自分の判断力次第だといえます。

一見甘い言葉のように聞こえるものでも、その裏には醜い欲望が潜んでいることも少なくありません。

相手の善意は信じるとしても、その裏に悪意がないかどうかしっかりと見極めましょう。

そうすれば、恋の罠を回避することができるはずですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)