失恋が重なったり、付き合った男性との折り合いの悪さに疲れたりすると、恋愛自体が負担に感じられてくる女性もいると思います。

その状態が続けば、「私はこれから恋が二度とできないかも」と、さらにネガティブになる可能性は高いでしょう。

そこで今回は、恋愛疲れを解消するおすすめの方法を3つご紹介します。

前向きな姿勢を取り戻す!恋愛疲れを解消する3つの方法

プライベートを充実させる

「プライベートを充実させるようにして、予定を詰めたり、旅行に行ったりと好きなことをしていたら、恋愛に焦りを感じていたのが嘘みたいに楽になりました」(31歳女性/エンジニア)

恋愛について考える機会が多ければ、理想と現状を比べて焦りを感じることもあるでしょう。

そんなときは、やりたいことを詰めて、自分の興味や好きなものに没頭できる環境を作ってみてください。

恋愛がなくても楽しく生きていけるという自信がつけば、自然体でいられるようになるはずですよ。

以前よりも異性の前で動じることがなくなれば、いい出会いがあるかもしれませんね。

期限を決めて恋愛を休む

「周りの恋バナとか、羨ましい知らせに焦ってたし、『恋愛したくない』と思っているのに、『恋愛しなきゃ』と思って空回りしているときもありました。
だから、思い切って期限付きで恋愛をお休みしてみたんです。
メリハリをつけて休んだら、また恋愛に前向きな感情が戻ってきました」(33歳女性/経理)

年齢的にも結婚への焦りを感じていると、いざ休憩しようと思っても「これでいいの?」と自責してしまうかもしれません。

だからこそ、一定の期限を設けて「いまはしっかり休むとき」とメリハリをつけ、恋愛に疲れた自分を癒やしてあげましょう。

恋愛抜きの友達付き合いを楽しむ

「恋愛だと『相手はなにを思ってるんだろう』とか考えて、感情が振り回されてしまうんです。
でも、男性に『かわいいね』とかほめられて自信を持ちたいところもあって……。
だから恋愛の面倒なところをのぞいた、フランクな友達付き合いを目指しました。
カジュアルな関係を求めて1人でバーで飲んだり、男友達を増やすようにしたら、男心を知ることもできました」(31歳女性/事務)

男性との恋愛に疲れたときでも、「女性として見られたい」と思う女性はいると思います。

自分のストレスや寂しい心を癒やしてくれる存在が男性であることは普通なことです。

しかし、関係が深くなれば、考えることが増えて当たり前。

それが負担なら、いっそのこと友達として割り切った付き合いをするのもおすすめですよ。

恋愛に前向きになれるように

恋愛に疲れたときは、焦る気持ちや「自分は恋愛ができないのか」と悩む気持ちに振り回された自分の心を大事にしましょう。

無理して続けても苦しみが増えるだけで、そのストレスは関わる男性にも伝わるはず。

一度休んで恋愛に前向きになれれば、案外素敵な出会いが見つかるかもしれませんよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)