それまで他人だった2人が一緒に暮らす結婚生活は、「好き」という気持ちだけで上手くいくとは限りません。

ともに生きるという意識が欠けていれば、すれ違いが重なり、望まない別れにつながる可能性もあります。

そこで今回は、幸せな結婚生活のために意識すべきポイントを3つご紹介します。

思いやりがカギ!幸せな結婚生活を送るための3つのコツ

ケンカにならない解決法を考える

夫婦にケンカはつきものと思っている人も少なくないと思います。

しかし、険悪な雰囲気になる機会など、ない方がよくて当たり前。

とはいえ、高圧的に話したり、嫌味を言ったりしても、問題の解決にはつながりません。

ケンカになりそうなときは、思っていることを手紙に書いたり、少し時間をおいて要点をまとめて話し合ったり、相手の性格と適切な伝え方を考えれば、解決の方法はいろいろとあるはずです。

2人でちょうどいい結論を出すことを意識して、日頃から相手の気持ちや状況を思いやることを忘れないようにしましょう。

「言葉にしなければ伝わらない」という意識

結婚すれば、交際期間よりも長い時間を同じ空間で過ごすようになり、次第に「彼は私のことを全部知っている」と考えることもあるかもしれません。

でもそれは、「言わなくても分かるだろう」という甘えを、とても高い確率で含んでいます。

あなたが抱いている感謝の気持ちや日頃の不満、要望はすべて、言葉にしなければ伝わらないもの。

それを口に出すことを怠りつづければ、自然にコミュニケーションも減り、相手がなにを考えているのか余計に分からなくなってしまいます。

一緒に暮らす相手だからこそ、ちょっとしたことも言葉にして共有することが大切ですよ。

2人で妥協点を見つける

長く時間を2人で過ごすからこそ、相手への要望が出てくる機会も多くなるはず。

そこで大切にしたいのが、ときには妥協も必要という意識です。

人それぞれ、育ってきた環境や考え方は違って当然であり、それは夫婦であっても変わりません。

もちろん、生活を続けるうちに考え方が似てくる部分もありますが、自分のルールを押しつけてばかりでは、結婚生活は窮屈になるでしょう。

譲れないことがあるなら、それこそしっかりと話し合い、お互いに「まあいいかな」と思える妥協点を探すことがおすすめです。

つねに思いやりを形にして

夫婦が円満に暮らすためには、なによりも相手を思いやる気持ちが重要になります。

相手がなにを望んでいるのか、自分のふるまいをどう思うのか、察することはできないけれど、予測はしておくという姿勢が大切でしょう。

お互いを思いやる気持ちを言動に示すことで、幸せな結婚生活を送れるはずですよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)