好きな人とのおしゃべりの最中、彼が口にしたちょっとしたフレーズが気になって仕方ないときってありますよね。

「あれってどういう意味なのかな?もしかして、わたしのこと好きなの……?」などと考えてモヤモヤしたり……。

今回は、男性の干支別に、彼が「本気で好きな女性」にしか言わないフレーズをご紹介しますよ。

これを読めば、意中の彼があなたをどう思っているのか判明するかもしれません。ぜひチェックしてみてくださいね!

今回は前編として、子(ねずみ)年から巳(へび)年までの発表です!

【前編】男性の干支別!本命女性にしか言わない「口説き文句」

子(ねずみ)年生まれの男性

【2人きりになろうと……】

子(ねずみ)年生まれの男性は、誰に対しても親切なので、本命が誰なのかわかりづらいところがあります。

しかし、本気で好きな人には単なる「いい人」認定で終わらないよう、しっかり行動を起こすのが子年の男性。

「この後、2人で飲み直さない?」「2人きりで、遠くに行っちゃおうか」など、親密になるきっかけを抜け目なくささやきます。

丑(うし)年生まれの男性

【美味しいごはんにお誘い】

にぎやかなコミュニケーションはやや苦手な丑(うし)年生まれ男性。

恋愛においては、スローテンポで自分のよさを理解してもらおうとするところがあります。

美味しいものを食べると場が和むことから、まずは食事に誘うのがセオリー。

「〇〇好き?いい店知ってるから行こうよ」と誘われたら、本命指名されたものと心得て。

寅(とら)年生まれの男性

【軽い前フリで気持ちを確かめる】

情熱的な寅(とら)年生まれの男性。

恋愛感情を抱いたら、ためらいなくアプローチするため誘い慣れしているところがあります。

「〇〇さんのそういうところ、好きだなぁ」「恋人にするなら〇〇さんみたいなタイプだね」など……。

軽い前フリをして気持ちを確かめてから、本格的に口説き始めるでしょう。

卯(うさぎ)年生まれの男性

【めげずに何度も誘ってくる】

相手に警戒心を抱かせず、自然と仲良くなってしまう卯(うさぎ)年の男性ですが、ソフトな物腰の反面、恋愛強者です。

ねらった相手には、巧みに母性本能をくすぐったり、甘えたりして夢中にさせようとするところがあります。

何度断っても「〇〇さんにしか頼めないんだ」などとめげずに誘ってきたら、本命確定でしょう。

辰(たつ)年生まれの男性

【男らしさを猛アピールしてくる】

恋愛のチャンスはたくさんあるのですが、不器用さが災いして経験値低めの辰(たつ)年生まれの男性。

愛想よくするのは苦手ですが、本気で好きな人には守りたいと思うところがあります。

彼女が落ち込んだりピンチになったときを見逃さず、男らしく「俺が側にいるだろ!」と全力でアピールします。

巳(へび)年生まれの男性

【「もっと君のことを知りたい」】

思慮深い巳(へび)年生まれの男性。

ゆっくりワインを熟成させるように恋愛を楽しみます。

本気で好きな人には軽々しく声をかけることはせず、ずっと目で追い、外見だけではなく内面も観察するところが。

「もっと君のことを知りたい」とささやかれたら、完全にロックオンされたと思ってくださいね。

彼は勇気を振り絞っているかも

本気で好きであればあるほど、気持ちを伝えるのには勇気が必要ですよね。

それは男性も女性も変わりません。

彼らも相手との関係性が変わってしまうかもしれない、失ってしまうかもしれない……と考え、告白をためらったりしているのです。

今回ご紹介した内容を参考に、彼の気持ちの強さを感じてみてくださいね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)

【後編】男性の干支別!本命女性にしか言わない「口説き文句」は?