気になる彼の恋愛対象に入らないことには、関係の進展は見込めないでしょう。

しかしそのためにどうすればいいのか、頭を悩ませている人もいるはず。

今回は、男性の12星座別に、恋愛対象になるためのアプローチ方法を占いました。

前編に引き続き、てんびん座の男性からうお座の男性までのご紹介です。

【後編】気になる彼の星座別!「恋愛対象」に入るためのアプローチ方法

てんびん座(9/23~10/23)

【サポート役を演出する】

てんびん座の男性は、上品で物腰柔らかなところがあるみたい。

一見チャラ男っぽく見えますが、実際は見た目ほどチャラくはないでしょう。

彼に釣り合う上品な秘書っぽいアプローチが効果的かも。

日頃から上品な話し方や立ち居振る舞いを心がけてみてはいかがでしょうか。

彼をそっと支えてあげましょう。

さそり座(10/24~11/21)

【誠実さをアピール】

勉強熱心で研究者っぽい気質がある、さそり座の男性。

女性の内面をしっかりと見極め、恋愛対象かどうかを判断する傾向があるようです。

そんな彼には、普段から助手のように細かいところをサポートし、実力と誠実さをアピールするといいでしょう。

認めてもらえれば、距離がグンと近付きそう。

いて座 (11/22~12/21)

【彼の自由を許容してあげる】

何事にも積極的ででハンター気質の、いて座の男性。

自分にとってプラスになるならと、どんどん外の世界に出て行こうとするでしょう。

もし付き合ったら、彼の行動を尊重する、一途で心の広い彼女になることをアピールするとよさそう。

やぎ座 (12/22~1/19)

【彼をしっかりフォロー】

真面目で優等生っぽい気質を秘めている、やぎ座の男性。

融通が効かないこともありますが、その分ブレもなくしっかりしているでしょう。

彼の話をよく聞いて上手にフォローする、副委員長のようなアプローチをするのがいいかも。

適切なタイミングで適切なフォローができるよう心がけてみてはいかがでしょうか。

みずがめ座 (1/20~2/18)

【おしとやかなところをアピール】

冒険者っぽい気質を持つ、みずがめ座の男性。

思いつくと即行動してしまう自由なところがあるみたい。

束縛するタイプやいかにも恋愛体質な女性は苦手かも。

「彼を縛らない」「それほど恋愛にガツガツしていない」という雰囲気を前面に出し、ときにはしっかりとアドバイスもできる自立した女だというアプローチが効果的でしょう。

うお座(2/19~3/20)

【女友達のように接する】

共感力が高い傾向がある、うお座の男性。

「そうだよね!」と女性同士でよくやるような、腕を軽く叩くようなボディタッチをしてみましょう。

興味を持っているファッションや食べ物の話題を振って、さりげないボディタッチをしつつ意識させるのがいいみたい。

彼に合ったアプローチを!

さまざまなアプローチをしても、彼に響かなければ効果はありません。

どんなときに好反応を見せるのか、しっかり観察してみるといいでしょう。

占いの内容もぜひ参考にしてみてくださいね。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)