イケメンで恋のライバルが大勢いるような男性を好きになったら、いつも通りのアプローチが上手くいかないのは明らかですよね。

人気者の男性との恋愛を成就させるには、それ相応の工夫が必要になるもの。

そこで今回は、モテる男性と付き合うためのコツを3つご紹介します。

ライバルとの差別化が必須!モテる男性へのアプローチの3つのコツ

ほめ言葉は外見ではなく内面に

モテている自覚のある男性には、「かっこいいですね!」「モテるでしょ?」といったほめ言葉は響きにくいでしょう。

実際に言われる機会が多いため、その他大勢の女性と同じという印象を持たれる可能性は高く、「またか……」とうんざりされることすらありえます。

そんな彼には、外見の魅力ではなく内面に注目した「○○さんって変わった方ですね」「センスいいですよね」などの言葉の方が効果的。

「この子は、ほかの子とは違うかも」と、彼に一目置いてもらえるはずですし、「この子は俺のことを分かってくれている」と思われるかもしれませんよ。

対等な友達として彼の中身を認める

モテる男性との恋愛は、初めから恋愛対象としてアタックするよりも、友達として接した方が成功しやすいようです。

それはつまり、外見ではなく内面を重視し、周りと対等に接するということ。

相手の中身を認めているからこそ、見た目重視の下心を感じさせることもなく、踏み込んだ付き合いに自然と入れるでしょう。

顔で寄ってくる女性にウンザリしている可能性もあるので、少なくとも正式に付き合うまでは内面に目を向ける姿勢を保ってくださいね。

彼にだけ悩みを相談する

友達のように接することで、モテる男性が心を開いてくれる可能性が高くなるのは事実です。

しかし、異性として意識してもらうには、もう一押しが必要になるもの。

そこで有効な方法が、1人の男性として彼を頼り、特別感を与えることです。

自分の魅力を一方的にアピールするのではなく、仕事や人間関係の悩みなど、なかなか人に相談できないことを彼だけに打ち明けてみましょう。

彼に「俺しかいない」「俺が守ってあげなきゃ」と思わせられたら、その時点であなたは彼の特別な存在ですよ。

アプローチの仕方で差別化して

恋愛経験に加え、女性からアプローチを受けた経験も豊富な男性には、ありふれたテクニックが通用しないことも少なくありません。

彼に群がる大勢の女性と同じになってしまえば、恋が成就する可能性はどんどん狭まっていきます。

そのため、対等な目線を保つけれど、さりげなく自尊心を刺激するような、ひと工夫加えたアプローチで、差別化を図る必要がありますよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)