なぜか男性に本命の相手と見られない……そんな悩みを抱える女性もいると思います。

もしかすると、男性が「キープでも大丈夫そうだな」と思うようなふるまいをしているのかもしれません。

そこで今回は、都合のいい存在として扱われやすい女性の特徴を3つご紹介します。

適当な扱いの原因は強すぎる好意?男性に「都合のいい女」と見られやすい女性の3つの特徴

男性の行動に全く関心を示さない

男性が束縛を嫌い、干渉の激しい女性から距離を置くことが多いというのは、理解している女性も多いと思います。

当然、気になる彼には「重い女」という印象を与えないように、接し方に気をつけるはず。

しかし、彼にの行動について全く気にせず、放置に近い状態にしてしまっては、本命よりも適度に遊ぶ相手にされやすいかもしれません。

お互いに自由な時間も持ちつつも、共有するべき部分は共有していくというのが、恋人としての理想の関係性ではないでしょうか。

好意のアピールが強すぎる

気になる男性に対して、きちんと好意を示すことは、あなたの存在を意識させるために重要なポイントと言えます。

だからといって、あまりに強烈な好きオーラには、いくつかのリスクもあるのです。

押しの強さに引かれること以上に危険なのが、「あの子は俺にベタ惚れだな」と感じた男性が、「ひとまずキープで大丈夫だな」と判断して雑に扱うこと。

そもそも男性は「追われる恋」よりも「追いかける恋」に夢中になりやすく、自分から離れないことが確信できる女性ほど、自分から愛を注がない傾向にあるので、好意の出しすぎには要注意です。

彼の言うことをすべて受け入れる

「今日は会えなくなった」とか「忙しくてしばらく連絡できないかも」などと言われても、文句も一切言わずに「分かった」と納得してしまう。

彼に嫌われたくないという思いからそういう行動に出るのかもしれませんが、そんな物分かりのいい女性ほど、男性にとっては都合のいい存在。

相手を信じようという気持ちは素晴らしいもので、長期的な信頼関係には不可欠なものでしょう。

しかし、自分がないがしろにされている、彼の言動が怪しいと感じたときにきちんと問いたださないと、どんどん理不尽な扱いを受けることにもなりかねませんよ。

ときには好意をコントロールする必要も

一度自分の中で「キープでもいいか」と思った女性に対して、後から本命視できる男性は多くないでしょう。

自分に深い愛を持っていると分かる女性のことほど、男性は「これくらいじゃ離れていかないだろう」と高をくくって適当に接しがち。

好きな男性の本命になるためには、ときに自分の好意を抑えて、冷静にふるまうことも必要ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)