気になる男性が自分との仲を深めたいと思っていたら、関係を発展させる大チャンスですよね。

じつは、男性の好意は、ストレートな言葉になることはなくても、なにげない行動に表れるものなのです。

そこで今回は、男性が距離を縮めたい女性に見せるサインを3つご紹介します。

これが見えたらアピールチャンスかも!男性がもっと距離を縮めたい女性だけにする3つの言動

質問が多い

「休みの日はなにしてる?」「どんな音楽が好き?」など、女性に対して男性が質問を重ねるのは、それだけ相手のことが気になっている証と言えます。

会話のきっかけ作りからデートに誘うためのリサーチまで、情報を聞き出そうとする目的はさまざまですが、興味のない相手には見せない態度でしょう。

好意を向けられて不快に感じないのであれば、しっかり答えてあげましょう。

もしかしたら、あなたの返答を踏まえて、デートプランを組んでくるかもしれませんよ。

LINEよりも電話を望む

普段からLINEでやり取りをしているのに、「電話してもいい?」と聞いてくるなら、その裏には相手ともっと仲良くなりたいという気持ちがあるはず。

実際、LINEのメッセージだけよりも、電話でのやり取りを始めた方が心の距離が近くなったと感じる人は少なくありません。

同じ時間を共有しているという感覚が、互いの親密な関係を意識させるのかも。

距離を縮めることに抵抗がないなら、応じてみると意外な発見につながりそうですね。

2人で行動したがる

休日にどこかに行く、グループの中で分かれて作業するなど、様々な機会で一緒に行動しようとするなら、それもまた仲良くなりたいサインのひとつです。

関わりたい気持ちがダイレクトに行動に表れるのでしょう。

ほかにも、「俺がやるよ」という場合は、「関わりたい」に加えて「頼りになる姿を見せたい」という気持ちがあるのかもしれませんね。

まったく興味のない男性から言われてしまうと困りますが、少しでも気になっているのであれば、うれしく感じる女性がほとんどのはず。

彼にアピールの機会を与えてあげることで、より積極的なアプローチを仕掛けてくる可能性もありますよ。

好意の表れ方を知っておいて

男性の好意が表れた言動というのは、必ずしもストレートな分かりやすいものとは限りません。

しかし、好意の表れ方を知っておくことで、自分に向けられた思いに気が付きやすくなるはずです。

周りの男性の言動にサインが見つかった場合、2人の関係が恋に発展するのは時間の問題かもしれませんよ。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)